ナレーターの求人・採用募集状況

単発の仕事が多いナレーター

ナレーターの募集には、「正社員」「アルバイト・パート」「業務委託」などさまざまな雇用形態があります。

ナレーターとして生活を安定させやすいのは、放送局や番組制作会社に正社員として雇用される形ですが、このような求人募集は少なく、アルバイトやパート、業務委託での募集のほうが圧倒的に多くなっています。

しかし、決してナレーターの需要が少ないというわけではありません。

ナレーターの仕事内容としては、テレビ番組のVTR部分につけるナレーション、テレビやラジオでのCMのナレーション、企業の紹介動画のナレーションなどがあります。

とくに企業の紹介動画のナレーションは、近年ホームページに動画での自社紹介コンテンツを作る企業が急増していることから、一気に案件が増えているようです。

放送以外の分野での求人も

放送以外の分野では、公共交通機関や博物館、美術館、デパートなどでの案内ナレーションの募集が目立ちます。

こういった情報は、各企業のホームページに出ていることもありますが、声優やナレーターが所属する事務所向けに、直接オーディションの情報が届くことが多いようです。

したがって、できるだけ効率的にナレーションの仕事を見つけたいのであれば、まず事務所に登録することが近道になるといえそうです。

ただし、いずれの場合も単発での仕事となることが多く、テレビ番組のナレーションのようなレギュラーの仕事を手に入れるのは難しくなっています。

ナレーターは、新人のうちから安定した生活をするのは難しいところがあります。

単発の案件を地道にこなしていきながら実力と信用を得ることで、より大きな仕事へ挑戦していく道が開けるでしょう。

安定した収入を得るには

ナレーターの給料は、募集案件によって大きく異なります。

個人で活動する場合、テレビ番組でレギュラーを持てるようになったり大手企業のCMの案件を受けたりすると、その報酬額は一気に高くなります。

一方で、地方ラジオのナレーションやHPの動画のナレーションなどになると、報酬は低くなりがちです。

安定した収入を得るためには、継続して仕事が入ってくるように努力をしなければいけません。

そのために、「年間契約のレギュラーの仕事を持つ」「単発の仕事で成果を出して継続的な案件をもらう」「正社員として登用される」といったことを目標に努力している人もたくさんいます。

人脈作りや営業力も重要

この業界では人脈が重要です。

業界関係者の間では、日々実力あるナレーターに関する情報交換が行われていることもありますし、口コミで評判が広がって仕事を紹介してもらったり、次の仕事につながることもあります。

高い収入を得ようと思ったら、自分のナレーション技術を高めることはもちろんのこと、人脈を広げたり営業力を身につけていく努力も不可欠といえます。