ナレーターになるには

ナレーターに資格は必要か?

ナレーターになるのに資格は必要がありません。

ナレーターとして活躍している人は、ナレーター育成の専門学校、声優科のある学校、放送系の大学などでナレーターとしてのスキルを身に付けて仕事をしています。

通信教育でもナレーターについて学べるところもありますが、ナレーターになるには、こういった学校に通う方が近道です。

資格は用意されていませんので、実力勝負で仕事を見つけることになります。オーディションを受けたり、事務所に自分のナレーションの入ったデモテープを送ったりして就職先を探す人もいます。

ナレーターになるために勉強しておくべきこと

ナレーターになるためには、普段からテレビ番組やニュース、時事情報を調べてさまざまな知識を身に付ける必要があります。

ナレーターの仕事も、テレビやラジオなどの番組によって大きく内容が変わります。楽しいバライエティのナレーションもあれば、社会問題などを扱ったドキュメントのナレーションもあります。

どのような仕事にも対応できるためには、その分野における知識を身に付けておかないといけません。今までに聞いたことがないような専門用語をいくつもナレーションすることもありますので、勉強することは多いといえるでしょう。

もちろん、ナレーションをする際の声の出し方、感情の入れ方なども訓練する必要があります。

ナレーターの主な就職先

主な勤務先として、声優事務所、コンテンツ制作会社(DVD作成など)、イベント会社などがあります。

ナレーター養成の学校を卒業して、学校に来ている求人情報に応募する人もいますし、自ら積極的にオーディションを受ける人もいます。

ナレーターは人気の職種ですので、学校を出たからといって簡単に所属先が決まるわけではありません。また、基本的には業務委託契約であり、正社員の雇用はほとんどないようです。

転職し、ナレーターになる

ナレーターとして現場で活躍している人には、かつてナレーターとは違う職業に就いていた人もいます。アナウンサー・声優・俳優・球場などでのうぐいす嬢などです。

テレビ番組のナレーションを担当した俳優が、視聴者の好感を得て、それまではまったくなかったナレーターの仕事が激増したという例も少なくありません。

俳優・アナウンサー・声優など、すべての職業に共通しているのは、伝える仕事だということです。ナレーターになるには、伝えるということを深く追求する必要があるといえるでしょう。