女性のナレーター

女性が多く活躍する業界

ナレーターは、年齢や性別を問わず、さまざまな人が活躍できる業界です。

テレビやCMのナレーションは、企画によって「中年の男性の落ち着いた声で読んでほしい」「若い女性の溌剌とした声で読んでほしい」など幅広いオーダーがありますから、まさに老若男女にチャンスが与えられる仕事といえます。

女性のナレーターも非常に多く、ドラマやドキュメンタリーのようなテレビ番組から企業のCMまで、たくさんの場面で活躍しています。

女性の声には、男性にはない独特の柔らかさや美しさ、上品さや華やかさがあるため、女性のナレーターはこういった特性を武器として働くことができます。

競争の厳しい世界

ただし、ナレーターに憧れる女性は多くおり、競争率の高い職業であることは間違いありません。

他の人にはないような魅力的な声や高い朗読テクニックを身につけていなければ、この業界で一歩抜きんでた存在になることは難しいといえます。

男性、女性問わず、ナレーターとして活躍し続けるには日々の練習やトレーニングが欠かせません。

また、ナレーターは人間そのもので勝負する仕事であるため、「あの人と一緒に仕事がしたい」「あの人に仕事を頼めば安心」と思われるような豊かな人間性を育む努力も大切です。

雇用が不安定なことも

ナレーターの代表的な雇用形態としては、放送局や番組制作会社に入社して正社員や契約社員という形で雇われるケースや、フリーランスのナレーターとして事務所に所属して単発で仕事を引き受けるケースがあります。

放送局に入社できれば生活は安定しますが、フリーランスとして活動して単発で仕事を受けている人のほうが圧倒的に多いという実態があり、収入や生活が不安定になることも珍しくありません。

その一方で、フリーランスならではの自由さで「週に2日だけ仕事をする」「午前中の収録が終われば午後はフリー」「年に何本か単発の仕事を受ける」というような生活を送ることも可能です。

そのため、すでに経済的な基盤が整っている女性にとっては、ナレーターは家庭との両立がしやすい仕事だともいえます。

結婚や出産、介護などの理由で、家庭と仕事との両立を図りたいと考える女性にとっては、ナレーターは理想のライフスタイルを実現できる職業のひとつともいえるでしょう。