副業のナレーター

副業でナレーターはできる?

「声」を使ってさまざまな表現をするナレーターという職業に憧れ、この仕事に携わるために日々努力を続ける人たちはたくさんいます。

一方、ナレーター以外の職業に就きながら、副業としてナレーションの仕事を行っていくことも不可能ではありません。

また、最初は副業としてナレーターをしていたものの、ナレーターの仕事が軌道にのってきたところでそれを本業にするという人もいます。

副業でも、ナレーターをすることは無理な話ではありません。

副業としての働き方

副業のナレーターとして働く場合、たいていは本業に支障がないように、本業が休みの日を利用したり、プライベートの時間を利用して仕事をすることになるでしょう。

ナレーターは、録音環境さえ整えれば自宅でも仕事をすることができます。

最初は録音機材を揃えるなどお金もかかりますが、空いた時間に仕事を進められるため、副業としては比較的働きやすいといえるでしょう。

副業として働く場合、基本的にはクライアントから個人で仕事を請け負うことになり、案件の難易度や実力などによって報酬が決まります。

実力が認められれば副業とはいえ本業以上の収入を得ることも可能ですが、お小遣い程度を稼ぐケースも少なくないようです。

なお、副業としてナレーターをする際には、トラブルを防ぐためにも本業で「副業禁止」の規定がないか確認しておくことが重要です。

副業のナレーターになるには

よく理解しておきたいのは、ナレーターの世界は競争が厳しく、実力や人気がない人が仕事を長く続けていくのは難しいということです。

たとえ副業でやるとしてもそれは同じであり、ナレーションを仕事としていく以上は、きちんとした知識を持ち、スキルを身につけておく必要があります。

そのため、未経験者の場合、少しでもナレーションの学校やスクールに通うなどをしておいたほうがよいでしょう。

ナレーションのスキルを習得すると、最近ではクラウドソーシングを利用して、ナレーションの仕事を見つける人も増えているようです。