アルバイトのナレーター

アルバイトでもナレーターはできる

ナレーターを目指すのであれば、少しでも早く現場で仕事を経験したいと思う人は少なくないことでしょう。

実際、ナレーションのスクールや学校に通ってスキルを磨くのと同時に、ナレーターのアルバイトをしている人もいるようです。

ただし、ナレーターのアルバイトの求人は、そこまで数が多いわけではありません。

一般的な求人サイトなどでアルバイトのナレーターの求人が出ることもありますが、募集は不定期になることが多く、タイミングを逃してしまうとなかなか別の仕事が見つからないかもしれません。

なお、アルバイトとしてのナレーターの仕事は、単発のものもあればある程度の期間働けるものもあり、案件によって内容がまちまちです。

アルバイトにも技術が必要

一般的に「アルバイト」というと、その仕事の経験がない人や経験が浅い人であっても働きやすいと考えられることが多いですが、ナレーターの場合、専門職であることから雇用形態に関わらず、どうしても一定以上の経験やスキルが求められることが多いようです。

ただし、まれに「経験不問」で募集されているナレーターのアルバイトもあります。

ナレーターの卵にとって、実務経験を積むことは非常に貴重な機会です。

キャリア関係なく働ける仕事があれば、積極的に挑戦してみるとよいかもしれません。

ナレーターに近しい仕事でスキルアップ

ナレーターそのもののアルバイトが見つからなかった場合、ナレーターに近しい仕事を探して、「声」を使った表現力を高めることを考えてもよいかもしれません。

たとえば、各種イベントのMCや司会、読み聞かせなどであれば、「きちんとした発声によって、聴いている人や観ている人に向けてわかりやすく言葉を届けていく」という点で、ナレーターと同じようなスキルが必要とされます。

こうした仕事を探して、ナレーターとしての基礎的なスキルを磨いていくのもよいでしょう。