仲居のやりがい、魅力

感謝の言葉がダイレクトに届く

旅館滞在中の身の回りの世話を全てしてくれた仲居に対し、ほとんどの客が感謝の気持ちを持ちます。

見送りの際に直接客の口から感謝の言葉を聞くことができるのがこの職業の一番の魅力であるといえるでしょう。

中にはリピーターとして再訪した時に以前担当していた仲居を覚えていて、指名をしてくる客もいるほどです。

これこそ仲居冥利に尽きるといえます。

美しい所作が身につく

旅館を訪れる客が滞在中、心地良く過ごすことを一番に考える仲居の所作は丁寧かつスピーディーで美しいものでなければなりません。

そのため、入職後、しばらくは基本的な所作を身に付けるための指導を受けることになります。

慣れないうちは苦労するものの、一度体得し、勤務していく中で身体に定着すれば自身の一生物の財産になるといえます。

地域の活性化に貢献

旅館を訪れる客への観光案内を求められる仲居は地元を盛り上げる存在として期待されています。

観光名所はもちろんのこと、飲食店や土産物屋など、仲居のすすめを頼りに一日のプランを組み立てる客も多数います。

特に地元出身の仲居の場合にはこの点に強くやりがいを感じている人が多いでしょう。

旅館の魅力を一番に堪能できる立場

美味しい料理に最高の温泉といった旅館の魅力を最も近くで味わうことができるのが仲居です。

仕事場であるとはいえ、この付加価値を魅力に考える仲居は多いでしょう。

客と全く同じとはいかずとも、賄いや清掃前の入浴をささやかな楽しみにすることができます。

多種多様な人とコミュニケーションができる

老若男女を問わずあらゆる客に対応することは大変なこともある一方で仲居の楽しみの一つにもなっています。

小さな子供から高齢者までを客層にする職業はそういくつもあるものではないでしょう。

家族連れや、友人グループ、社員旅行など形態も様々であるため、常に気持ちを切り替え、新鮮な気持ちで接客できることに楽しさを感じる仲居も多数います。

また訪れる客は日本人ばかりではありません。

仲居は世界各国から訪れる外国人観光客に日本ならではのおもてなしをすることでより日本を好きになってもらう役割を果たしているのです。

中には外国語を学ぶモチベーションを仲居の仕事から得ているという声も聞かれます。