仲居の志望動機・面接

人と関わることが好きである

仲居の業務の中心は接客であることは言うまでもありません。

他者とコミュニケーションをとることが好きであることは必須です。

それまで自身がどのような人間関係を構築してきたか、アピールできる点を探しておくようにしましょう。

例えば学生時代の部活動やサークル活動での経験、接客のアルバイト経験など自身にしか語れないエピソードをスムーズに話す準備は必ずしておくべきです。

国際交流に興味がある

前項に加え、日本人以外の外国人と関わることに対して積極的であることも伝えておきたいポイントです。

というのも仲居は外国人観光客のおもてなしをする機会が非常に多いから。

たとえ語学力に自信がなくても関わることを積極的に楽しめる人材を旅館側は求めます。

それまでに国際交流の経験がある人は必ず話しておきたいところです。

もちろん、語学に関するスキルのある人は貴重な人材です。十分にアピールを。

土地への愛情を伝える

仲居はいわばそれぞれの土地の観光大使。

訪れた客にその土地の魅力を存分に伝え、一人でも多くのファンを獲得する指名もあります。

面接までに名所をはじめ、郷土料理、土産物など、それぞれの土地に関する知識をつけておけるとよいでしょう。

もちろん、それらは入職後に時間をかけてつけていくものでもあります。

面接時にはその土地のどのようなところに魅力を感じ、志望するに至ったのか、また入職後、客にどのように伝えていきたいのかを自分なりにまとめておくと情熱を持って志望してきていることが伝わります。

第一印象は大切

仲居が担当する客と接する時間は出会ってまもなく終了します。