仲居になるには

学歴、資格不要

仲居のノウハウは実際に現場で働き始めてから身体で覚えるもの。

したがって入職時に必要とされるものは、やる気と情熱、と心得ておいて構いません。

中には中卒でも採用されるところもありますが、他の志願者と競合した場合に不利になることもあります。

進学は自身のアピールポイントの一つになるので、前向きに検討すべきでしょう。

直接旅館に雇用されるのが一般的

仲居の募集がある旅館に問い合わせ、採用面接を経て直接雇用されるのが王道です。

最近では深刻な人材難を打破すべく、派遣会社経由で仲居を雇うところも増えてきているのでそういったところに登録するのも一つの手段です。

学校に直接求人が来ていることもあります。

進学して接客スキルを高める

仲居として必要な基本知識や技術は大学や短大、専門学校の専門学部で学ぶことができます。

専門の教育機関で学んだ経験は現場での指導をよりよく吸収することが可能になります。

また、即戦力として期待されたり、責任ある立場を任されたりすることも珍しくありません。

ホスピタリティ系学部の増加

最近では、仲居に必要なおもてなしに関するいろはを学べるホスピタリティ系の学部の設置がある学校が増えてきています。

自身の学力や通学地域を考慮した上で複数校から志望校を選択することが可能になってきました。

その他、観光学部や外国語学部への進学も採用面接時のアピールポイントになってきます。

とっておきたい資格

「接客サービスマナー検定」や「サービス接遇検定」はできれば就職前にとっておきたいものです。

進学同様、現場で生かせるだけでなく、採用面接での強みにすることができます。

また語学力が求められる場面も多いため、英検やTOEICも受検しておきたいものです。

幅広い客層を相手にするために

前項で述べたように仲居を目指すにあたって進学には大きなメリットがあります。

デメリットとしては2~4年程度、現場に出るのが遅くなるということですが、これは仲居にとって必ずしも悪いことばかりではありません。

というのも仲居の対応する客層は老若男女を問わず、幅広い話題を提供できることが求められます。

あまり若年すぎると、対応しきれない客層があるのは致し方のないことですので、あせらずに経験を積んでいきましょう。