ネイリストの役割

指先を美しく手入れする

ネイリストは、人の手や爪を美しく手入れするプロフェッショナルです。

ネイルサロンなどで活躍し、さまざまな技術を駆使してお客さまの手と爪を整えます。いわば「手と爪専門の美容師」のような役割を担っているといえるでしょう。

また、ネイリストといえば爪にマニキュアを塗ったり、ラインストーンなどを置いてデザインを施したりする「ネイルアート」を想像する人が多いかもしれません。

しかし、その基本は「ケア」にあるといわれています。

なぜなら、いくらネイルアートをしようと考えても、爪がボロボロの状態であれば美しく見せることは困難ですし、状態の悪い爪であれば、まずはアートよりもケアをすることで、本来の爪の美しさを取り戻すことが最重要だからです。

このような理由から、ネイリストはただネイルアートの技術のみならず、ネイル製品の化学的知識や衛生学を理解していることも求められます。

人の手や爪に直接触れる以上、強い責任感を持って仕事に臨むことが必要です。

洗練された技術で人々に感動を与える

髪の毛を自分自身でカットすることは難しいですが、ネイルアートの場合、やろうと思えば自分でも行うことは不可能ではありません。

実際に、自分でマニキュアを塗ったり、簡単な装飾をしたりしている人は少なくないはずです。

では、なぜネイリストが必要とされるのでしょうか? その答えは、「ネイリストに複雑なネイルアートをやってほしい」と考えている人が多いからです。

自分では到底できないような可愛いアートをやってもらうことを期待して、ネイルサロンに通う人は少なくありません。

また、普段よりもオシャレしたい時や、頑張った自分へのご褒美など、特別な時にネイルサロンに通う人もいます。

そういったお客さまの期待に応えるために、ネイリストは日々スキルを身につけ、接客技術を高め、ネイルでお客さまに喜びや感動を与えることが求められています。