ネイリストの大会

他の美容系の職業と同様、ネイリストの世界でも、年間を通して国内外でさまざまな大会が開催されています。

ネイリストとして働いていくうえで大会参加は必須ではありませんが、トップを目指す向上心の強い人たちは、大会での入賞を一つの目標として、日々スキルアップに励んでいます。

ここでは、代表的なネイリストの大会の一例を挙げてみます。

全日本ネイリスト選手権

「NPO法人 日本ネイリスト協会」が主催する、国内最大級のネイリストの大会です。年に一度開催される世界最大級のネイルイベント「東京ネイルエキスポ」内で実施されています。

本大会の目的は「次世代ネイリストの育成と地域ネイル業界の活性化」です。全国を8ブロックに分けて開催される地区大会を勝ち上がった人が、全国大会に出場し腕を競い合います。

なお、出場は部門別に分かれており、ネイルの専門学生のみが出場できる部門もあります。競技種目は「ネイルケア」と「フレンチスカルプチュア」の2種目で、両方の合計点で順位が決定されます。

世界ネイリスト選手権

国内外のネイルコンテストの上位入賞者だけが出場できる大会です。

「世界一のネイリスト」を決定する大会として、全日本ネイリスト選手権と同じく「東京ネイルエキスポ」内において開催され、毎年実力あるネイリストたちがしのぎを削ります。

競技種目は、高い技術力と繊細な技が求められる「フレンチスカルプチュア」のみとなっています。レベルの高い大会ですが、過去には日本人も複数回優勝を果たしています。

海外の大会

ネイルの大会は、アジア諸国やアメリカなどの世界各国でも多数開催されています。

参加者20人くらいの小さなものから大規模な大会までさまざまあり、ネイリストとして広い視野を持って上を目指す人は、こういった世界の大会にも積極的に参加しています。

渡航費、大会参加費などでお金はかかりますが、世界のライバルの活躍ぶりを自分の目で確かめることで得られるものも大きいようです。