ネイリストのつらいこと、大変なこと

常にライバルは多数

近年のネイルブームに伴い、ネイリストになりたいという女性の数もどんどん増えています。つまり、常に周りにはライバルがたくさんいるということです。そんな中で「お金をたくさん稼ぎたい」「有名になりたい」などの目標を達成するには、たくさんの努力が求められることもあるでしょう。

技術を磨くことはもちろん、リピーターを獲得するために接客を頑張ったり、新しいスキルを習得したりと、ライバルの中で勝ち抜くためには、いろいろな工夫が必要となります。

お客さまとのコミュニケーションも大切

スキルや技術はもちろん、お客さまを気持ちよくおもてなしするのもネイリストの大切な仕事です。お客さまの中には気難しい方もいるかもしれませんので、会話の内容にも気を遣いましょう。

また、「こんなデザインにしたい」という明確な希望のないお客さまもいるので、「お任せします」と言われることもあります。そんなときは、納得していただけるかどうか、最後までハラハラ…なんてシーンもあるでしょう。

そして、体力的にどんなハードなときでも、集中を切らさず、常にベストの技術で接客することが必要です。また、施術に集中するだけでなく、お客さまと円滑なコミュニケーションをとっていくことも求められます。

一人前になるまでの道のり

ネイリストとして働きはじめた直後は、先輩のヘルプやアシスタントからスタートする可能性もあります。また、サロンによっては、見習い期間が存在するケースもあります。

この時期は雑用に時間を割かれたり、練習のために睡眠時間を削ったり、収入が低かったりと厳しい側面もあるかもしれません。しかし、頑張れば頑張っただけ結果が出ますので、前向きな気持ちで取り組みましょう。

職場の人たちとのコミュニケーション

勤務先にもよりますが、ネイルサロンは比較的小規模なところが多く、スタッフの数も多くありません。それだけに、自分がイキイキと楽しく働けるかどうかは、職場での人間関係にも左右されがちです。

狭い空間の中で、自分と合わない人と仕事をするのは想像以上に大変です。せっかくやりたい仕事を見つけたのに、ストレスばかり抱えてしまってはとても残念。

立地や待遇面だけで働き先を選ぶのではなく、自分と合ったサロンを見つけるように心がけたほうがよいでしょう。

もちろん、自分で良好な人間関係を築く努力も大切です。フリーや独立開業するまでは仲間と一緒に働くことが多くなりますから、お互いに助け合い、一緒に成長する気持ちを忘れないようにしたいものです。