アルバイトのネイリストとして働く

未経験はアルバイトからスタートが基本

ネイルアートや、ネイリストの仕事に興味がある人の中には、「ネイリストとしての経験はないけれど、ネイルサロンで働いてみたい!」と考える人もいるでしょう。

一般的にネイリストというと、経験豊富でなければ仕事ができないイメージがあるかもしれません。しかし、数多くあるサロンの中には、未経験者や経験の浅い人材を積極的に採用しているところもあります。

そういった場合、まずはアシスタントとして先輩スタッフの補佐や雑用的な仕事からスタートし、スキルアップするにつれて難しい仕事を任せてもらえるようになる、というのが基本的な流れです。

未経験者の場合、正社員として採用されることは非常に少なく、まずはアルバイトやパートの形で雇用契約を結び、がんばりが認められれば正社員に登用してくれることもあります。

ネイルサロンでアルバイトとして働く人の中には、すでにネイルの勉強を始めたうえで、一人前のネイリストを目指して経験を積む人がたくさんいます。

一方、これからネイリストを目指すかどうか迷っている人の場合も、まず実際に仕事を体験してみることで、気持ちの整理がつくかもしれません。

まったく知識ゼロからでは難しい

いくら未経験者を採用してくれるサロンだといっても、本当に「知識ゼロ」であった場合、採用される確率は非常に低くなるのが実情です。

応募条件として「実務未経験OK」とはしてても、「ネイルスクール卒業生」あるいは「ネイリスト検定2級以上取得」と掲げているサロンは少なくないようです。

あるいは、ネイリストでなくてもサロンでエステや美容関連の仕事をした経験があれば、歓迎されるといったケースもあります。

よほどの熱意があれば、本当にゼロからの状態でも採用される可能性はありますが、多少なりともネイル関連のスクールに通った経験があったり、独学ででも資格の取得に向けて勉強をしておくことが、ネイリストのアルバイトとして働く近道といえます。