ネイリストの苦労

最初はお金の面で苦労することも…

ネイリストとして働き始めることができたとしても、すぐにバリバリ稼げるようになるわけではありません。

たとえばサロン勤務の場合、未経験者は「アシスタント」からスタートすることも多く、雇用形態がアルバイトであれば時給制でお金をもらいます。

その時給はコンビニや飲食店のアルバイトとさほど変わらないこともありますし、運良く正社員で採用されたとしても、初任給は手取りで15万円程度ということも多いようです。

さらに、勤めるネイルサロンによってはネイルの練習道具を自費で購入しなければならないこともあります。

中には練習用の道具を全額or一部負担してくれるサロンもありますが、アシスタント時代は自分で自由に使えるお金はあまり多くないはずです。

稼げるようになるためには、とにかくスキルを磨き、1日でも早く一人前になることです。最初は苦労を感じることが多いかもしれませんが、日々向上する気持ちを忘れずにがんばっていきましょう。

どんなに忙しくても常に笑顔!

ネイリストのような美容業界の仕事に対して、華麗でオシャレな印象を持っている人もいるかもしれません。しかし、実はネイリストの仕事は体力的にハードな側面もあるのです。

たとえば、勤めるネイルサロンによっては開店準備のために朝がとても早かったり、お客さまが絶えず訪れる人気店であれば休憩をとる間もなく接客し続けたり、さらには閉店後にもお店に残って練習をしなければならないこともあります。

接客業であるネイリストは、いかなる場合もお客さまに疲れた顔を見せてはいけません。

たとえ自分の体調や気分がすぐれなかったとしても、常に笑顔を心がけ、お客さまに気持ちよく過ごしていただくように務めなければならないのです。

「笑顔なんて簡単!」と思うかもしれませんが、忙しい毎日の中でそれをきちんと実践できる人はそう多くありません。

しかし、本当に周囲に認められるネイリストになるためには、技術だけではなく「人間力」を磨いていくことも重要です。

人間関係が限られてしまう

勤務先にもよりますが、ネイルサロンは小規模なところが多く、スタッフの数も多くありません。それだけに職場での人間関係が働く上で大切になってきます。

狭い空間の中で、自分と合わない人と仕事をするのは苦労することでしょう。立地や待遇面だけで働き先を選ぶのではなく、自分と合ったサロンを見つけるように心がけた方が良いでしょう。