日本ネイリスト協会(JNA)とは

「ネイリスト」という職業名の名付け親

ネイリストを目指す人であれば、必ず一度は耳にすることになるであろう「日本ネイリスト協会」。これはいったい、どのような組織なのでしょうか。

「日本ネイリスト協会(にほんネイリストきょうかい、Japan Nailist Association、略称JNA)」は、日本におけるネイル産業の健全な発展を目的に、技術者・ネイル関連メーカー・流通業者、教育機関などが集って1985年に設立された、日本の特定非営利活動法人(NPO法人)です。

そして、実は「ネイリスト」という職業名は、日本ネイリスト協会が発足する際に作られた和製英語です。(英語ではネイリストではなく「マニキュアリスト」や「ネイルテクニシャン」と呼ぶのがスタンダードです)

ネイリスト技能検定試験を実施

日本ネイリスト協会の活動内容として最も代表的といえるのは、「ネイリスト技能検定試験」を実施していることです。

この資格はネイル業界の中では非常にメジャーなもので、サロンに勤務する際には、この資格を持っていることを必須条件としているところもあります。

ネイル関連の資格の中では最も歴史があるとされているため、自分の力を試すために受験するネイリストも多いようです。

そのほか、世界最大級のネイルイベント「東京ネイルエキスポ」や、さまざまな技術コンテストを実施。さらにはネイルの基礎から応用技術、最新トレンドに関するセミナーも開催しています。

ネイリストを目指すうえで、またネイリストとして働き始めてからも、日本ネイリスト協会に関わることは何かと多くなるでしょう。

日本ネイリスト協会が認定する学校、サロンもある

教育機関やサロンの認定も、日本ネイリスト協会の活動内容の中に含まれています。

ネイルに関する知識・技術を教育する学校として、JNAが定めた認定基準を満たし、健全な技術教育の普及に貢献する教育施設を「認定ネイル専門校」「認定ネイル併設校」「認定理容美容養成学校」などと呼びます。

JNA認定校で学べば、JNAの基準の下に作られたカリキュラムや設備などの面で安心できるほか、既定のカリキュラムを規定期間内に修了することで「JNAジェルネイル技能検定試験 初級」の筆記試験を学校内で受験できるといったメリットがあります。

ネイルスクールを探す際には、この認定校であるかどうかもチェックしてみるとよいかもしれません。

また、いま日本全国には大小さまざまなネイルサロンが乱立していますが、そのうちJNAに認定された店舗が「JNA認定ネイルサロン」です。

これは、経営者がJNA会員であることに加え、衛生管理、法令順守などいくつもの厳しい基準をクリアしたサロンであり、2014年5月末現在、1000件弱の店舗が認定されています。