ネイリストのハンドモデル探し

ハンドモデルとは?

ネイリストが技術を磨くためには、実践を積むのが一番です。

コンテストに出場する前、検定試験を受ける前、さらには日々の仕事に生かすために、普段はネイルチップを使ってネイルアートの練習をすることが多いですが、やはり本物の人間の手を使って練習するほうが、より上達しやすいともいわれています。

修行中のネイリストにとって、「ハンドモデル」になってくれる人を見つけることはとても大事です。

家族や友人にお願いできれば楽ですが、なかなか都合が合わなかったり、身近な存在の人にお願いするのは逆に気を遣ってしまう…ということもあるかもしれません。

そういった理由から、あえて知人や家族ではなく、イチからモデルを務めてくれる人を探す人もいます。では、ネイリストはどのようにハンドモデルを探していくのでしょうか。

ハンドモデルの探し方

人脈を使わない場合、ハンドモデルとネイリストをつなぐようなサービスを行っている組織を利用して、ハンドモデルを探す方法があります。

ブログやSNSなどを使って「ハンドモデル募集!」とアピールし、応募を待つという人もいます。

あるいはネイルサロンに所属する場合であれば、サロンを通してハンドモデルを募集するケースもあります。

ハンドモデル側も「ネイルが好き」という人が多いため、技術向上を目指すネイリストに無料で技術を施してもらうことは、うれしいと感じるようです。

インターネットなどを使えば、ハンドモデルを見つけることはさほど難しくないでしょう。

ハンドモデルへの謝礼

ハンドモデルになってくれた人には、何かしらのお礼をするべきです。とくに謝礼金をどうするかは、事前に話し合っておく必要があります。

実際には「交通費のみ支給」したり、「1時間あたり1,000円」だったり、大きな撮影のためのモデルであれば「1回2万円」程度を渡すこともあるようです。基本的には、相手のどれほどの時間を拘束するのかによって、検討していくとよいでしょう。

親しい間柄であれば、ボランティアとして受けてもらうこともあるかもしれませんが、感謝の気持ちだけは必ず伝えるようにしましょう。