派遣のネイリスト

派遣のネイリストの働き方

ネイリストの働き方はさまざまあり、そのひとつに「派遣のネイリスト」という選択肢が挙げられます。

美容関連の派遣会社、あるいはネイリストを対象とする派遣会社に登録をしておくことで、派遣社員として働くことが可能になります。

派遣として働きたいネイリストは、まず自分のスキルや資格、実績、経験を派遣会社に伝えて登録します。

派遣会社には、派遣のネイリストを求めるネイルサロンからの求人が集まってきますから、派遣会社側はネイルサロンと求職者のニーズをマッチングします。

条件が合う案件があれば、派遣会社からネイリストに「こういう仕事があります」と話がきますから、ネイリストはその内容をよく確認し、問題がなければ派遣先に出向いて仕事をすることになります。

派遣のネイリストの仕事内容

派遣社員として働くといっても、ネイリストであることに変わりはありません。

自らの持つネイルの知識や技術を生かして、お客さまに喜んでもらえる施術とサービスを提供することが、ネイリストの役目です。

ただし、派遣先によって雰囲気や設備等は異なります。基本的には、派遣先のやり方に従って動く必要があるため、臨機応変な立ち回りをしなくてはなりません。

なお、派遣のネイリストはさまざまな場面で求められるようです。

大きなイベントがある際、あるいは結婚式シーズンや年末年始といった繁忙期のみ、多くの人手を必要とするネイルサロンが求人を出すことも多いようです。

派遣で働くメリット・デメリット

派遣社員は、定められた期間内で仕事をします。

そのため、さまざまな派遣先で仕事をしやすく、ネイルサロンの内情を知りながら、自分に合うところを選ぶこともできるでしょう。

また、正社員のようにフルタイムで働かなくても、週に数日だけ、あるいは1日に数時間だけといった働き方が可能です。

デメリットとしては、正社員に比べて、どうしても不安定な働き方になりがちという点です。

案件が紹介してもらえなければ仕事ができませんし、契約打ち切りになると、また新しい仕事を探さなくてはなりません。

ただし給与面では、派遣でも実力と経験豊富なネイリストになれば、かなり高収入を得ている人がいるようです。