副業のネイリスト

副業のネイリストとは?

ネイリストは、もちろんこの仕事を本業として長くやっていくことができますが、それ以外に、副業として働くことも可能です。

つまり、ネイリスト以外の仕事を本業として持ちながら、休日やオフの時間を使ってネイリストとしても仕事をするというわけです。

ネイリストは個々の知識や技術が問われる仕事、個人で仕事をしやすい職業であるため、本業に支障さえでなければ、副業でネイリストをやっていくことも十分に可能だといえます。

副業で働く人の理由

副業でネイリストとして活動する人の理由はさまざまです。

たとえば、まったく別の仕事に就いていた人が、趣味が高じてネイルについて研究するようになり、いよいよネイリストとしても仕事をスタートするというケース。

また、独立するために一時的に大きく稼げる別の仕事でお金を貯めつつ、余裕のあるときにネイリストとして働くケース。

あるいは、もともとネイリストの仕事をしていたけれど、ネイリストとしては生活するだけの給料を稼ぐことが難しく、やむなく別の仕事をしながらネイリストの活動も続けるという人もいます。

副業としての働き方

副業のネイリストとして働く場合でも、本業のネイリストと大きな違いはありません。

ただし、ネイルサロンに勤める場合は副業での勤務は認められないことがあるため、フリーランスの形で仕事をすることが一般的といえるでしょう。

副業で仕事をする場合は、本業のほうで「副業禁止」となっていないか確認しておくことも重要です。

副業をすることが問題なければ、個人でお客さまの予約を受け、お客さまの元へ出向いて施術をしたり、場合によってはサロンを出店して働くといったこともできます。

副業の場合、たいていは多くても週に1日~3日程度の勤務となるでしょうが、どれだけ稼ぐかはその人次第です。

いずれにしても、ネイリストは知識と技術なくして仕事をすることは難しいです。

たとえ副業で働くとしても、ネイルスクールなどでスキルアップして腕を磨き続け、新しい知識もどんどん取り入れていく努力が求められると考えておいたほうがよいでしょう。