フリーランスのネイリスト

フリーランスで活躍する人も多数

ネイリストは、ネイルサロンなどに就職し、そこのスタッフとして雇われて働くのが一般的ですが、フリーランスとして活動している人も大勢います。

技術やセンスがモノをいう仕事であることから、個人でもやっていけるだけのスキルを持ちあわせていれば、フリーランスで大きく活躍することも夢ではありません。

また、ネイリストはネイルに必要な器具やグッズさえ揃えれば、大がかりな設備投資をせずともお客さまに施術をすることができます。

そうした点でも、独立しやすい仕事だといえるでしょう。

フリーランスのネイリストの働き方

フリーランスのネイリストとしての働き方は、大きく以下の2種類が考えられます。

サロンを開業する

自分の店を出す働き方です。

この場合、店の立地や広さ、内装デザイン、コンセプト、メニューなど、あらゆることを自分で自由に決めることが可能です。

しかし、店を構えると家賃など費用面の負担も大きくなります。

ネイリストとしてお客さまに施術をするだけではなく、店を繁盛させるための宣伝活動を行ったり、経営についても深く考えていく必要があります。

ネイルサロンと契約をする

ネイルサロンのなかには、専属のネイリストのほかにフリーランスのネイリストを募集し、契約を結ぶことで、特定の日時だけ働くスタイルをとっているところがあります。

そうしたサロンと契約すれば、店を出すよりも小さなリスクでネイリストとしての力を発揮することが可能です。

メディアの撮影やイベント時、あるいはお客さまの予約が入ったときだけ呼ばれて働くこともあります。

活動の仕方は人それぞれ

上記以外にも、自分でお客さまを集めることができれば、いつでもどこでもネイリストとして施術をすることができるでしょう。

自分でデザインしたネイルチップをインターネットなどを使って販売するネイリストもいますし、会社に縛られないフリーランスだからこそ、どのような活動をしていくかは自分で決めることができます。

もちろん、大勢のネイリストのなかで生き残っていくには確かな腕が必要ですが、つねに自分を磨き続ける努力を惜しまなければ、一生涯の仕事として突き詰めていくこともできます。