ミュージシャンの現状と将来性

CDが売れない時代

ニュースなどで頻繁に報道されている通り、現在の音楽業界は非常に厳しい状況となっています。CDを出してもミリオンヒットとなるのは一部のアイドルグループばかり。

娯楽の多様化や音楽ダウンロード配信が一般的になったことによって、人気ミュージシャンであっても、かつてのように多くのセールスを上げるのは難しくなっています。

そのため、かつてはマイペースで淡々と演奏活動をしていたミュージシャンたちも、「人気商売」的な活動に足を踏み入れる傾向も見られます。

音を奏でることや表現することは時代によって左右されるものではありませんが、それで収入を得ることを考えてみると、やはり現在の世の中は厳しい状況であると言わざるを得ません。

ミュージシャンとして「どう生きたいか」を大切に

音楽は時代を問わず人々から求められるものですが、ミュージシャンとして生きていくためには、自分自身で「どのように地位を築き上げていくか?」と考えることが、ますます大事になっていくでしょう。

黙っていても売れる時代ではありませんから、メディアへの戦略的な露出や営業活動、時代に合った音楽表現など、これまで以上に売れるための工夫が必要となります。

ただし、その方法には正解もスタンダードもないため、周囲の反応を見極めながら自分の気持ちも大事にして、臨機応変に動いていくことが求められます。

「インディーズ」が大きく注目されるようになったため、あえてメジャーデビューをせずに、自分の音楽を追究していく人も増えています。ミュージシャンとしてどのように生きていきたいのか?まずはそこをしっかりと考えておくことが大切です。