ミュージシャンの給料・年収

ミュージシャンの給料は売れ具合によって大きく変わってくるため、一概に平均金額を出せるものではありません。ここでは、ミュージシャンが収入をどのように得ているのか、音楽業界の仕組みとあわせてご紹介していきます。

ミュージシャンの給料の仕組み

プロ(メジャーレーベル)のミュージシャンは、「レコード会社(レーベル)」「プロダクション(事務所)」「音楽出版社」の3つと契約を行い、それぞれとお金(給料)のやりとりが発生します。

まずレコード会社に対してですが、ミュージシャンは歌を録音する権利を渡すのと引き換えに、CDの販売枚数によって「アーティスト印税」をもらうことになります。印税はだいたいCDの定価の1〜3%です。

次にプロダクション。ミュージシャンのスケジュールを管理してくれる頼もしい存在です。しかし、ミュージシャンは自身の全収入(印税含む)のうち、20〜30%程度の管理手数料を払う契約を結ばなくてはなりません。

ただしこの数字は決まっているわけではなく、新人の場合、収入がまずプロダクションに入り、そこから固定給をもらう形をとっていることもあります。ミュージシャンが不利な立場になると、多くの手数料をとられてしまう可能性もあります。

最後に音楽出版社ですが、これは楽曲とその著作権が所属する会社です。レコード会社そのものは著作権を所有できないため、楽曲を使用する際にはこの音楽出版社に著作権料を払い、手数料を引いた金額がミュージシャン(作詞・作曲者)に支払われることになります。

これら以外にもメディアやイベントへの出演費などさまざまな収入源がありますが、経費がかかる部分も多く、プロになってもそれだけで食べていくのは簡単なことではありません。

ミュージシャンは儲からない?

「有名なミュージシャンになってガッツリ稼ぐ!」そんな夢を持っている人もいるかもしれません。しかし一般的に見て、ミュージシャンは決して稼げる職業とは言えません。一曲大ヒットして一時的に何百万、何千万もの収入を得たとしても、10年、20年とその人気を保つことは、非常に難しいのです。

また、近年はCDの売上が落ちて業界自体が厳しい状況にあることや、実力のある若手がどんどん登場することもこの世界の特徴です。一般の会社員の平均年収に満たない人は多く、アルバイトをしながら生計を立てている人も大勢います。