ミュージシャンの採用募集状況

いつでもミュージシャンになれる可能性はある

いくら音楽業界が不況とは言っても、毎年必ず新たなミュージシャンたちがたくさんデビューしています。社会にとって音楽、そしてそれを演奏するミュージシャンは欠かせない存在であり、今後も一定の需要は必ずある仕事だと言えます。

音楽業界の関係者は、常に魅力的なミュージシャンがいないか目を光らせています。

「一年で○○人しかデビューできない」と決まっているわけでもありませんし、演奏技術やセンス、また人の心を動かすような表現力を持っていれば、いつでも、誰でも、ミュージシャンになれる可能性があります。

スタジオミュージシャンの募集は少ない

ミュージシャンを目指す若者は年々出てきますが、その反面、スタジオミュージシャンのように「職人」的な演奏技術が求められる仕事では、なかなか新しい人材を求めていないと言われています。

どうしても一部のベテランに集中して仕事が集まりやすく、新人の場合は仕事をもらえたとしても、かなりの格安で仕事をしなければならないこともあるそうです。

海外でも活躍できる

日本人ミュージシャンの中には、海外を中心に活動をする人もいます。

昔から海外で活動するミュージシャンはいましたが、グローバル化が進んで以前よりも海外進出しやすくなったこともありますし、最近では日本文化のひとつとして、日本のミュージシャンが歓迎されることも多いそうです。

厳しい世界ではありますが、前向きに捉えれば、誰でも世界を舞台に活躍できる職業とも言うことができます。