ミュージシャンの資格

ミュージシャンになるのに資格は必要なし

ミュージシャンになるために、特別な資格や免許は必要ありません。学歴も重視されることはありません。演奏テクニックやセンスがあり、業界の関係者から認めてもらえれば、誰でもすぐにプロになれる可能性があります。

しかし資格がない分、「どうやって自分の実力を示すか?」ということは、飛躍するためにひとつ大切なポイントになるでしょう。いくら演奏が素晴らしくても、家の中で演奏しているだけでは、いつまでたっても声がかからないでしょう。

地道にライブハウスなどで演奏活動をしたり、音楽業界の人と繋がりを作ったり、デモテープをレコード会社に送ったり…と、その方法に答えはありません。

オーディション

資格とは違いますが、実力を周囲から評価してもらう場として、各種オーディションがあります。

ライブハウスに出演するための小さなオーディションもあれば、音楽フェスティバルにインディーズバンドとして出るためのオーディション、またレコード会社などが主催する大きなオーディションまでさまざまなものがあります。

オーディションに合格してそのままプロになることができれば最高ですが、かなり厳しい道であることも事実です。ただし、参加することで自分の実力を評価してもらうことができるほか、顔を売るきっかけにもなるため、演奏技術を磨きながらオーディションを受けてプロを目指す人も多くいます。

ミュージシャンになるためには才能や運が必要な部分もありますが、チャンスを引き寄せるために、積極的に行動することも大切です。