ミュージシャンの1日

ミュージシャンの生活は不規則

ミュージシャンの1日の過ごし方に、決まったパターンはほとんどありません。

会社勤めをする場合のように、勤務時間や休日が指定されているわけでもなく、仕事内容によって毎日違うスケジュールで動くことが多いため、どうしても不規則になりがちな仕事だといえます。

音楽を愛するミュージシャンだからこそ「365日、24時間音楽漬け」という人は多いですが、ミュージシャンには十人十色の生活スタイルがあるといえるでしょう。

バンドで活動するプロミュージシャンのある1日

11:00 起床

前日、朝方までスタジオに入りレコーディング作業を行っていたため、遅めの起床。

マネージャーからのメールをチェックして、出かける準備を整えます。

11:30 食事

近所の定食屋で朝食兼昼食をとります。

どうしても外食が多くなってしまうことが多いですが、ミュージシャンは身体が資本。できるだけ栄養のあるものをとるように心がけています。

14:00 打ち合わせ

次の全国ツアーについて、バンドメンバーやマネージャー、関係者と一緒に打ち合わせを行います。ツアーの規模が大きくなればなるほど、打ち合わせに要する時間も増えます。

17:00 スタジオ入り

メンバーとスタジオに入り、次のレコーディング日に向けて調整を行います。

アイデアを出し合いますが、煮詰まってきたところで終了。

22:00 帰宅・練習

帰宅途中に食事をとり、帰ってからは必ず個人練習をします。

無我夢中で基礎練習を繰り返しているうちに、新曲の良いフレーズが思い浮かぶことも。

24:00 就寝

翌日は朝早くから音楽雑誌の取材が複数入っているため、早めに就寝します。

寝る時間は日によってバラバラです。