ミュージシャンになるための学校・スクール

専門学校

音楽の専門学校(学校法人)では、ヴォーカルやギター、ベース、ドラムなど、楽器や演奏パートごとに学科が設けられているほか、作曲や編曲、楽器製作・リペアについて学べるところもあります。

在学期間は2年〜4年まで学校によってさまざまで、学費は年間100万円程度(初年度は別途入学金が必要)が相場となっています。

専門学校では、プロの講師に基礎からしっかりと演奏技術を教わりつつ、将来目指すジャンルに合ったカリキュラムを選択し、音楽性を高めていくことができます。

学内にリハーサルスタジオやレコーディングスタジオ、ライブスタジオなどを備え、学校生活の中でパフォーマンスする機会が豊富にあったり、業界関係者を招いたオーディションを開催し、デビューへのサポート体制を整えていたりする学校も多いです。

カリキュラムや設備に関しては学校ごとに異なるので、資料請求や学校見学をして、自分に合う学校を探しましょう。

スクール

学校法人ではない音楽のスクールの場合、月に数回〜週に1回程度のレッスンとなることが多いです。趣味として通っている人もいますが、スクールによってはプロを目指す人向けのカリキュラムを用意しているところもあります。

グループレッスンや個人レッスンなど自分に合うレッスン方法を選べたり、用事がある日にはレッスンを振り替えたりすることができるシステムなどもあるため、専門学校ほどみっちり通うのは難しい人でも通いやすい場所と言えるでしょう。

しかし、専門学校のようなダイナミックなサポート体制などはほとんどないため、あくまでも演奏のコツや技術を教えてもらう場所と割り切ることが必要となってきます。