ミュージシャンの練習、努力

日々の練習は欠かせない

華々しい世界で活躍しているミュージシャンたちも、見えないところでは日々必死に努力を続けています。

たとえば、歌い手であれば発声練習や筋力トレーニング、ボイストレーニング。楽器の演奏者であれば、リズムトレーニングなど基礎的な練習が欠かせません。

ミュージシャンは、一般的な会社員などと違って勤務時間が明確に決まっている仕事ではありません。

誰かに「毎日これだけ練習しなさい」と言われることもありませんが、1日でも練習をサボれば勘が鈍ってしまい、取り戻すために休んだ何倍ものもかかるといわれています。

そのため、ミュージシャンにとっては、毎日少しでも練習をすることがとても大切なのです。1日10時間以上の練習を続ける人も珍しくはありません。

ミュージシャンは、楽をして成功できるほど甘い仕事ではないため、どうしてもこの世界で存在感を示したいのであれば、常に自分に厳しくいる必要があるといえるでしょう。

テクニックと表現力、センスを磨く

どのような楽器を演奏するにしても、最も大切になるのは基礎練習です。

メトロノームを使ったリズムトレーニングのほか、たとえばドラムであればルーディメンツ、ギターであればスケール練習などは、どんな一流ミュージシャンもずっと続けていくものです。

そのうえで、もしバンドなど複数人でひとつの音楽を演奏するのであれば、メンバーと息を合わせるためのアンサンブル練習も非常に重要となります。

また、ただテクニックを磨くだけでなく、感性や表現力を育てていくことも忘れてはなりません。

日頃からさまざまなジャンルの音楽を聴いたり、素晴らしい芸術作品に直接触れたりすることも、ミュージシャンに欠かせない努力のひとつだといえるでしょう。

「これだけの努力をしたから成功できる」と保証されているわけではありませんが、ミュージシャンとして成功している人は皆、自分なりの努力をしていることは確かです。