MRの役割

患者の命と健康を支える

医薬品情報のスペシャリストであるMRは、製薬会社が出している医療用医薬品について、最も詳しい知識を持っている人といっても過言ではありません。

薬の効果的な投与方法や新薬の効能、ジェネリック医薬品と呼ばれる後発で低価格の医薬品の販売情報など、医師への幅広い情報提供を通して、医療現場を陰から支えることができます。

ときには、MRが病院に紹介した新薬によって、深刻な症状に悩まされてきた患者の病気が治ることもあります。

また、画期的な医薬品の使用法によって副作用が軽減されたり、後発の低価な医薬品によって患者の経済的な負担が激減したりすることもあります。

MRは、医師や看護師のように直接医療に携わるわけではありませんし、薬剤師のように直接患者に薬を処方するわけではありません。

しかし、薬のスペシャリストとして医療の裏側を支えることで、患者の命や健康を守ることができる尊い職業です。

薬の安全性を守るために

製薬会社が販売する医薬品は、どれも長年の研究や綿密な治験を経て安全性を確かめたうえで販売が認められたものばかりです。

しかし、さまざまな年齢層で、それぞれに持病や体質が異なる患者が実際に薬を使用した際に、人によっては思わぬ副作用が現れてしまう可能性はゼロではありません。

こうした副作用の情報は、まずは患者が病院の薬剤師や医師、看護師に訴えることで発覚します。

そして、その情報を病院側が製薬会社のMRに伝えることで、MRは会社に薬の副作用情報をいち早く報告することができます。

副作用が見つかった場合、厚生労働省への報告の義務もありますし、健康被害が拡大する前に何らかの対応をしなければいけません。

MRの迅速な行動や判断が、医療の安全を守ることにかかっているといって間違いないでしょう。

自社の売上にも貢献

MRは、製薬会社に所属して活躍します。

営業職のように「売ること」がメインの仕事ではありませんが、自社の薬の正しい情報を医療従事者に伝えることができれば、それを処方薬として選択してもらえる可能性が高まります。

すると結果的に、MRの活躍が自社の売上につながっていくことになります。

こうしたところでも、製薬会社にとってMRは欠かせない存在となっています。