MRに薬剤師の資格は必要?

MRは資格がなくても働ける

医薬品についての知識を持つMRですが、この仕事をするうえで、絶対に必要とされる資格はありません。

国家資格も存在せず、特別な学校を出ていなければなれない職業というわけでもないため、さまざまな進路をたどった人が、MRとして活躍しています。

実際に製薬会社でMRとして働くとなると、この業界で有名な「MR認定試験」という認定制度に合格して「MR認定証」を得ることを求められる場合がありますが、この認定証を持っていなくては仕事ができないというわけではありません。

そして、薬剤師の資格がなくてもMRとして働くことができます。

薬剤師の仕事との関連や違いは?

薬剤師のおもな仕事内容は、調剤薬局などで、医師の処方に基づいた調剤や患者さんへの服薬指導を行うことです。

薬剤師の仕事

一方、MRは日本語では「医薬情報担当者」と呼ばれ、医師や看護師などの医療従事者に対して、自社の医薬品に関する正しい情報を提供します。

「医薬品のプロフェッショナル」という点では、MRも薬剤師も共通しているといえるでしょう。

ただし、MRは調剤を行うことはできず、あくまでも自社の医薬品を適正に使用してもらうために情報を提供したり、自社の医薬品の売込や普及活動をすることが役目となります。

「営業職」としての側面があることが、MRの特徴といえるでしょう。

MRから薬剤師、薬剤師からMRに転職する人も

MRと薬剤師の仕事内容は異なるものの、どちらも医療に貢献する仕事であることは確かです。

このようなことから、MRとして働いていた人が薬剤師へ転職するケースもあるようです。

薬剤師は、薬剤師免許を持って働く職業です。

免許取得のためには、まず大学の薬学部を出て国家試験に合格する必要があるなど、なるためのハードルはやや高めとなっています。

国家資格がないMRに比べると、薬剤師の専門性の高さは就職後の安定感にもつながりやすく、そこに魅力を感じて薬剤師へ転職する人がいます。

一方、薬剤師からMRに転職する人もいます。

MRは勤務先の企業にもよりますが、高収入が望みやすいとされています。

大手製薬会社では平均年収が1000万円以上に達していたリ、実力主義の要素が色濃い外資系製薬会社では、個人の実績によって大きなインセンティブがもらえることがあります。

こうした点に魅力を感じ、薬剤師からMRになる人もいるのが実情です。