MRの志望動機

「医療」や「社会貢献」への思い

MRの業務の中では、「人と会う」「説明をする」ということが大きなウエイトを占めています。

このため、就職試験ではその人の人間性を確かめるための面接が行われることが多いです。

面接では、「自分の強み」や「どのようなMRになりたいか」などをよく問われますが、加えて「MRの志望動機」は必ず聞かれると思っておいたほうがよいでしょう。

たとえば「医薬品を通して患者を救いたい」「仕事を通して人の役に立ちたい」など、医療現場への思いや社会貢献への希望があれば熱意を持って伝えましょう。

ただし、上記のような言葉は多くの受験者が述べるため、そう思うのかについて、自分の考えを自分の言葉でわかりやすく説明できるようにしておくことが大切です。

営業職としての適性をアピール

MRは医薬品の情報を医療従事者に提供することで、医療の安全を守るとともに、医薬品の売上向上に貢献します。

したがって、医師や薬剤師、薬学の研究者とは異なり、「売上目標」をシビアに見据えながら働いていかなければいけません。

製薬会社は優秀な営業マンにもなれる人材を求めているため、「人と話をするのが大好き」「プレゼンテーション能力を生かした仕事がしたい」「努力した分だけ成果が出る職場で働きたい」など、MRの仕事が自分に向いていることをさりげなくアピールできると、より説得力が増すでしょう。

希望の分野があれば具体的に

製薬会社は、大手から中小規模の企業までさまざまあるため、「この会社に入りたい理由」を志望動機で明確に伝えることも重要なポイントとなります。

就職を希望している製薬会社の特定の医薬品への関心があれば、そういった思いを具体的に伝えるとよいでしょう。

最近では多くの企業で「がん」の治療薬の研究が積極的に進められており、専門的な知識を持って活躍できるMRを求めています。

特定の分野に興味や関心を持っている人は、自分が思い描くMRとしての将来像を具体的に語りながら、その企業にふさわしい人材であることをより強く印象付けるように心がけるとよいでしょう。