MRの接待

接待は少なくなってきている

MRは医薬品情報のスペシャリストですが、同時に製薬企業の営業マンとしての側面もあります。そのため、医師への接待が多いというイメージがあるかもしれません。

営業職である以上、接待は避けてとおれませんが、最近では業界全体が接待を縮小する傾向にあり、以前よりも減ってきています。

以前は、一般的にイメージされるように、レストランでの飲食、ゴルフやテニスなど医師の趣味に興じる接待が行われていました。

また忘年会のシーズンには、多くの製薬企業が参加費として費用を払い、医師やコメディカルスタッフとともに飲食を共にすることもありました。

しかし2012年4月に公正競争規約や日本製薬工業協会の規定が設けられ、基本的に接待は禁止されるようになりました。

ほとんどの製薬企業では、こうした規定よりもより厳しい自主規制が敷かれ、外資系企業では一切禁止となったところも少なくありません。

接待の現状

2012年4月以降、接待が基本的に禁止となりましたが、まったくなくなったわけではありません。

飲食は1人あたり5000円という上限はありますが、商談や打ち合わせを伴う飲食は今も可能です。

ただし、他社との兼ね合いや、単価設定が夜の会食向きではないことから、こうした接待はあまり行われていません。

製薬企業の社内勉強会に医師を講師として招き、その慰労会というかたちであれば、現在でも堂々と接待することができます。

1人あたりの飲食の上限は2万円で、合わせて講師の謝礼金も支払えます。

接待では、医師と飲食を共にしながら、世間話などをします。普段の医師とMRの面会は、診療の合間に短時間ということが多いため、接待の場で家族や趣味の話などをしてコミュニケーションを図ります。

ただし、MRにとって接待はあまり楽しいものとはいえません。医師の飲みものに気を配ったり、話がしやすいよう話題を振ったりと、気を遣うことが多い席です。

接待の頻度は?

接待といっても、すべての医師を対象としているわけではありません。製薬企業がぜひコミュニケーションをとっておきたいと思うような、影響力のある医師が中心となります。

また医師によっては、接待を拒否する人もいます。

MRがどのくらいの頻度で接待を行うかは、MRによって異なります。

月2〜3回ということが多いですが、場合によっては週2〜3回ということもあります。

二次会は禁止としている企業が多いのですが、なかには条件付きでOKとしているところもあります。二次会に出席する場合は、夜の12時すぎまでかかることもあります。