MRの接待

MRには接待が付き物?

MRは医薬品情報のスペシャリストですが、同時に製薬会社の営業マンとしての役目も担います。

こうしたことから、MRの仕事では医師への接待が頻繁にあるというイメージが根付いているようです。

たしかに営業職である以上、接待は避けて通れませんが、最近では業界全体が接待を縮小する傾向にあり、以前よりも減ってきているようです。

より詳しくいうと、以前は一般的にイメージされるように、レストランでの飲食、ゴルフやテニスなど、医師の趣味に興じる接待が盛んに行われていました。

また忘年会のシーズンには、多くの製薬会社が費用を払い、医師やコメディカルスタッフとともに飲食を共にすることもありました。

しかし2012年4月に公正競争規約や日本製薬工業協会の規定が設けられ、基本的に接待は禁止されるようになりました。

ほとんどの製薬会社では、こうした規定よりもより厳しい自主規制が敷かれ、外資系企業では一切禁止となったところも少なくありません。

現在は「MRだから必ず接待をしなくてはならない」というわけではなくなっているといえます。

接待の現状

しかし、実際にMRが働く現場をのぞいてみると、接待がまったくなくなったわけではないようです。

2012年4月からの規定で、商談の打ち合わせに伴う飲食については1人あたり5,000円という上限が設けられましたが、それでもMRが医師と飲食をする機会はまだあるということです。

ただし、他社との兼ね合いや、単価設定が夜の会食向きではないことから、こうした接待はあまり行われていません。

なお、製薬会社の社内勉強会に医師を講師として招き、その慰労会という形であれば、現在でも堂々と接待することができます。

その場合の1人あたりの飲食の上限は2万円で、合わせて講師の謝礼金も支払えます。

接待では、医師と飲食を共にしながら、世間話などをします。

普段の医師とMRの面会は、医師が診療をする合間に短時間ということが多いため、接待の場で家族や趣味の話などをしてコミュニケーションを図ります。

ただし、MRにとって接待はあまり楽しいものとはいえません。

医師の飲みものに気を配ったり、話がしやすいよう話題を振ったりと、何かと気を遣うことが多い席になります。

接待の頻度は?

接待といっても、すべての医師を対象としているわけではありません。

製薬会社がぜひコミュニケーションをとっておきたいと思うような、影響力のある医師が中心となります。

医師によっては、接待を拒否する人もいます。