MRの魅力

医療に関わり、人と社会に貢献する喜びが味わえる

おもに製薬会社に勤務するMRは、医薬品情報のスペシャリストとして活躍します。

用法や副作用など、慎重な取り扱いを要するものが多い医薬品。

MRは、それらにまつわる正しい情報を医師や看護師など医療従事者らに伝えることによって、医療を裏側から支えることができます。

そんなMRは営業職としての一面も担っていますが、「医療業界」に深く関わることが特徴です。

医療に興味があり、「人の力になりたい」「社会に貢献したい」という気持ちが強い人は、誇りと充実感を味わいながら仕事ができることでしょう。

薬が支える、誰かの人生

病院を訪れる患者は、心身の健康に関するさまざまな悩みを抱えています。

持病の偏頭痛が仕事に大きな支障をきたしている人、交通事故でケガをして歩行困難になってしまった人、がんを告知されて死の恐怖と闘っている人…。

こうした人たちの人生を救う希望となるのが、MRが医師に紹介する医薬品です。

MR自身は患者と接する機会はありませんが、医師や薬剤師から、薬のおかげで劇的に症状が改善された患者のエピソードを教えてもらえることは少なくありません。

そうした話を耳にすることで、MRは「この仕事をやっていて良かった!」という喜びを得ることができます。MRの仕事には、薬を通して誰かの人生を豊かにすることができるという、大きな魅力があります。

専門性に見合う高い収入

MRの魅力のひとつとして知られているのは、世間一般のサラリーマンに比べると比較的高い収入を得られることです。

MRの仕事は専門性が高いため、多くの人が厳しいMR認定試験をクリアすることになります。

一般の人が簡単に転職して即戦力として働ける世界ではないのです。

そのぶん、実績を築くことができれば、同じ業界内での転職先も見つけやすい状況にありますし安定した収入を確保できるメリットがあります。

大手製薬会社に勤務すれば、年収1000万円を超す収入を手に入れることも不可能ではありません。

また、営業職として実力主義の面もあり、企業によっては、医薬品の売り上げ実績に応じて手当やインセンティブがつくこともあるので、個人の努力によって給料を伸ばすこともできます。

専門性が高い商品を扱うだけに苦労も多い職業ではありますが、働いたぶんだけ高い収入を得ることができるのは大きな魅力だといえるでしょう。

安定した業界で活躍できる

医療と密接に結びつく医薬品業界は、他産業に比べると安定性が高い業界といわれています。

どのような時代でも病気やケガを抱える人はおり、また世界最高レベルの保健医療水準を誇るとされる日本の医薬品業界は、今後も安定した需要の下に緩やかに成長していくと考えられています。

高齢化社会が進み、ジェネリック医薬品の使用促進が求められる現代の日本で、MRの果たすべき役目はより大きくなっています。

社会的貢献度の高い専門職に就いて活躍できることも、MRの魅力であるといえるでしょう。