MRの魅力

薬が支える、誰かの人生

医薬品を取り扱うスペシャリストであるMRは、医療の裏側を支えるという魅力を感じられる仕事です。病院を訪れる患者は、心身の健康に関するさまざまな悩みを抱えています。

持病の偏頭痛が仕事に大きな支障をきたしている人、交通事故でケガをして歩行困難になってしまった人、がんを告知されて死の恐怖と闘っている人…。こうした人たちの人生を救う希望となるのが、MRが医師に紹介する医薬品です。

MR自身は患者と接する機会はありませんが、医師や薬剤師から、薬のおかげで劇的に症状が改善された患者のエピソードを教えてもらえることは少なくありません。

そうした話を耳にすることで、MRは「この仕事をやっていて良かった!」という喜びを得ることができます。MRの仕事には、薬を通して誰かの人生を豊かにすることができるという、大きな魅力があります。

専門性に見合う高い収入

MRの魅力のひとつとして知られているのは、世間一般のサラリーマンに比べると比較的高い収入を得られることです。MRの仕事は専門性が高いため、多くの人が厳しいMR認定試験をクリアすることになります。

一般の人が簡単に転職して即戦力として働ける世界ではないのです。そのぶん、実績を築くことができれば、同じ業界内での転職先も見つけやすい状況にありますし安定した収入を確保できるメリットがあります。

また、企業によっては、医薬品の売り上げ実績に応じて手当やインセンティブがつくこともあるので、個人の努力によって給料を伸ばすこともできます。

専門性が高い商品を扱うだけに苦労も多い職業ではありますが、働いたぶんだけ高い収入を得ることができるのは大きな魅力だと言えるでしょう。