未経験からMRになれる?

熱意さえあれば未経験でもOK

医薬品の情報を取り扱うスペシャリストであるMRは、専門性の高さや収入の安定感、社会貢献性の高さなどから根強い人気を誇る職業となっています。

新卒での採用枠はもちろんのこと、すでに他職種や他業種で働いている人がMRへの転職するための中途採用枠もあり、どちらの枠にも多くの人が応募しています。

そのようななか、MRへの転職を目指すにあたって気になるのは「まったくの未経験者でも大丈夫なのか?」ということでしょう。

結論からいうと、MRになるにあたっては、薬学部や理学部など特定の学歴が必要なわけではなく、さらにMRとしてはもちろん医薬品業界での経験もマストではありません。

気持ちを新たにこの分野でスペシャリストとして頑張っていきたいという強い熱意があれば、未経験者からの挑戦も受け入れてくれるのがMRの世界です。

経験者のみが対象となる場合も

ただし、企業によっては即戦力になれる人を求めたいという理由から、経験者のみの採用を行っているところもあります。

とくに外資系の製薬会社は、新卒採用をしないところも多く、経験者が求められる傾向がより強いようです。

また、中途採用の際には「大学卒業以上」の学歴や「営業・販売職の経験」を応募条件にしている場合があるため、応募の際には注意が必要です。

また、MRが専門職であることから育成に時間がかかると考えられているため、年齢的には若いほうがチャンスが多いようです。

入社後にMR認定試験に合格を

一般的に、未経験者がMRとして働くにあたって、製薬会社の入社後に目指すことになるのは「MR認定証」の取得です。

公益財団法人であるMR認定センターが毎年主催している「MR認定試験」という試験があり、この試験に合格することで認定証を取得することができるのです。

MRは国家資格や民間資格が絶対に必要な職業ではないものの、「MR認定証」を持っていることが医薬品に関する知識を身につけている証となるため、ほとんどの人がこの認定証を取得しています。

試験に合格した後は、先輩の指導を受けながら実務経験を積んでいき、一人前のMRになることを目指して独り立ちしていくことになります。