MRは結婚、子育てしながら続けられる?

女性MRも活躍している

MRは男性が多い職種とされていますが、最近では女性のMRも増えており、第一線でバリバリと活躍する女性MRがたくさんいます。

ひと昔前のように結婚や出産を機に退職という例は減っており、キャリアを築きながら長く働き続けることも可能です。

しかし、MRは営業職としての一面を持っているため、朝から夜まで外回りをする機会が多く、ときには出張や付き合いでの飲み会もあります。

多忙な毎日を送ることになる人が多いため、そうした点を家族が理解してくれるかどうかは、仕事を続けていくための重要なポイントとなるでしょう。

制度があっても利用しにくい場合も

最近では、産休や育休、時短勤務など、結婚や出産後の社員に向けたさまざまな制度を整えている企業が増えています。

しかし、現実にそれらの制度が確実に利用されているとは限りません。

なかには「周りの目が気になる」「休みをとりたいとは言い出しにくい」といった風土が根付いており、無理をして働かないと仕事を続けにくい職場もあるようです。

また、職場によってはまだまだ男社会の雰囲気が強く、女性の働きやすさは今ひとつというところもあります。

結婚・出産後も同じ職場で仕事を続けたいと考えている場合には、産休や育休などの取得状況をよく調べてから入社を決めたほうがよいかもしれません。

転勤の可能性も視野に入れておく

MRは転勤が比較的多いとされており、とくに大手製薬会社の場合、ローテーションで全国各地へと転勤することがあります。

結婚、出産後に転勤の辞令が出た場合にも働き続けることができるのかは、家族と相談しながらよく考えておいたほうがよいでしょう。

製薬会社によっては、家庭を持った社員は転勤の頻度が下がることもあるようですが、それでも転勤の可能性がゼロとは言い切れません。

もし、どうしても転勤は避けたいという場合には、製薬会社の正社員MRとして働くのではなく、MRの派遣会社に所属し、製薬会社へ派遣されて仕事をする「コントラクトMR」になる道を選ぶ方法をとってもよいでしょう。