MRの1日

MRのタイムスケジュール

MRは、病院や院内薬局を訪問して薬の情報提供をするのが主な仕事です。

たいていの病院が朝8時30分〜夕方17時頃にかけて診療をしており、この中でも患者が比較的少ない時間や医師の休憩時間を狙ってアポイントをとるのが一般的です。

一日の流れは、このようになります。

08:30 出社、メールチェック
09:00 社内でのミーティング(売り上げや新薬の情報を共有)
10:00 訪問用の説明資料を準備
11:00 病院の医師を訪問(2〜3軒)
14:00 移動しながら昼食休憩
15:00 病院や院内薬局を訪問(2〜3軒)
19:00 帰社 
20:00 明日の準備が終わったら退社

足を使って病院を訪問

朝、出勤したらまずはメールをチェックします。以前訪問した医師からの質問や要望がメールでくることもありますし、薬の売り上げや販売に関する最新の情報をチェックすることも大切です。

チームでのミーティングや個人での資料作成が終わったら、いよいよ病院に出発します。

売り上げを伸ばすために必要なのは、こまめに病院を訪問して、医療者側の医薬品に関するニーズや現状、課題をさぐることです。

そのため、MRは毎日分刻みのスケジュールで行動しながら、一軒でも多くの病院を訪問して医師と話ができるように努力をしています。

何度も足を運び、最新の情報を提供したり相手のニーズに合わせた新薬を提案したりすることで、信頼されるようになります。

昼食休憩は病院と病院の間を移動しながら、簡単に外食ですませることが多いようです。大きな病院だと食堂やレストランが入っていることもあるので、そういった場所を利用することもあります。

通常は19時頃に仕事を終えることができますが、資料の作成や訪問先とのお付き合いなど、夜遅くまで残業があることも珍しくありません。