派遣のMR

需要の多い「派遣のMR」

MRは医薬品に関する幅広い知識を必要とする職業であり、専門性の高い職業です。

また、所定の研修を受けて試験に合格し「MR認定証」を取得していなければ、医療関係者からの信用を得られにくいという側面もあります。

こうした理由から、未経験者を一人前のMRに育成するのは時間がかかるため、多くの製薬会社が人手不足の際にピンチヒッターになれる人を欲しています。

そこで、MRの業界には「派遣のMR」という雇用形態で活躍している人たちがたくさんいます。

しかし、ここでいう「派遣」とは、一般的な事務職などの派遣とは異なる種類のものとなっています。

詳しく見ていきましょう。

MRの働き方

派遣のMRは、MRの人材を専門に請け負う企業に雇用されており、必要に応じてクライアントである製薬会社のMRとして派遣されて働くというシステムをとっています。

この、MRの派遣サービスを提供する専門会社は「CSO(Contract Sales Organization)」と呼ばれており、日本語では「医薬品販売業務受託機関」といいます。

そして、そこで派遣として働くMRは「コントラクトMR」といわれることが多いです。

コントラクトMRが活躍するのは、たとえば製薬会社が新薬の販売をするにあたって人手がほしいときや、女性社員の妊娠や出産に伴う休職で代わりの人材がほしいとき、あるいは実績のある優秀なMRを即戦力として加えたいときなど、さまざまなシチュエーションが考えられます。

コントラクトMRの雇用形態は、あくまでもCSOに所属する社員として扱いになり、よくある一般的な派遣スタッフとは異なります。

派遣のMRは経験者採用が一般的

派遣のMRの場合、即戦力になれることが重要視されるため、たいていはすでにMRとして勤務したことがある経験者が求められます。

MRは営業マンとしての役割があり、医療現場の人たちとの信頼関係を築いて仕事をすることが大切です。

したがって、ある職場に派遣されると、だいたい2年程度は同じフィールドで働くことが多いようです。

派遣先の製薬会社で高い実績を残した場合、その会社の正社員としての転籍の誘いを受けることができるケースもあります。

派遣のMRになると、複数の製薬会社で働くチャンスを得やすいなどのメリットもあり、製薬会社所属のMRが、あえて派遣のMRになる例もあるようです。