MRになるための学歴、大学、学部

大卒以上の学歴が求められる

MRになるために、学校で何か特定の勉強をしていなければならないということはありません。

製薬会社に勤務するというと、薬学についての専門知識が求められる印象があるかもしれませんが、新卒採用の場合、入社時点で専門性は問われないのが普通です。

そのため、どのような勉強をしてきた人でもMRになれる可能性がありますが、ひとつ欠かせない条件になるのが「大卒以上」の学歴を持っていることです。

大手をはじめ、ほとんどの製薬会社では「大卒以上」が応募資格となっていいます。

短大卒や専門学校卒の場合、就職先の選択肢が一気に狭まってしまうことがあるため、注意が必要です。

学部について

MRとして新卒入社するうえで、薬学や医療の専門知識が問われることはほとんどありません。

MRは薬学部出身者もいますが、それ以上に文系学部出身の人が多く、企業によっては半数以上のMRが文系出身となることもあるようです。

学部の制限もなく、文系であれば経済学部、商学部、教育学部など、あらゆる学部で学んできた人がMRになっています。

業務上求められる専門知識やスキルは、製薬会社へ入社後の研修などを通して習得することができるため心配はいりません。

有利になる大学や学部は?

先に挙げた通り、基本的に四年制大学を出ていれば、どのような学部出身者でもMR職に応募することができます。

MRは営業職としての役目も担うため、人と接することを好きになり、学生時代に幅広い視野を身につけて見聞を広めておくことが大切です。

もし外資系の製薬会社を志望する場合には、高い語学力を備えていると有利になることがあります。

TOEIC800点以上ほどのスキルを持っていると、アピールポイントにすることができるでしょう。

なお、大手製薬会社の就職試験はかなりの難関となっており、国内有名大学の学生が大勢集まります。

多数のライバルとの争いを勝ち抜かなければならないため、決して学歴だけで判断されるわけではないものの、「難関」といわれる大学に進学しておくほうが有利という声があります。