MRが勉強すること

医薬品に関する知識は必須

MRは国家資格が必要とされる仕事ではなく、学校でどのような勉強をしてきた人でもMRとして活躍できる可能性があります。

未経験からのスタートでも、入社後に研修を受けたり、勉強をすることで、MRに必要な知識を身につけていくことができます。

しかし、MRは専門性が高い仕事内容となるだけに、さまざまなことを勉強しなくてはなりません。

まず、何といっても医薬品に関する知識です。

自社製品の情報については細かく頭に叩き込んでおくほか、対象となる疾患に関する知識も不可欠です。

そして他社製品の情報も集めて理解したうえで、どういった疾患にどの医薬品を用いるのがよいか、どういった薬の組み合わせをすべきかといった提案をスムーズにできるよう日頃から勉強しておくことで、医師の信頼が得られます。

最新の薬剤に関するトレンドも把握する

医薬品の数は非常に多いため、医師であってもどの薬を処方すべきか悩むことがあるようです。

とくに個人で診療を行っている開業医の場合は他の医師との情報共有が難しいことから、MRが最新の薬剤治療のトレンドや、他の医師の処方傾向などのさまざまな情報を提供すると喜ばれることがあります。

ただ自社製品を売り込むのではなく、医療のプロフェッショナルである医師と対等に話し、相手に役立つ情報を提供できるMRは信頼され、成果を出しやすいようです。

MRの勉強方法は?

MRは専門知識を蓄えるために、業務時間外に専門書や文献を読んだり、外部の学会やセミナー、勉強会に参加して学んでいます。

自社製品に関する文献はこまめにチェックし、その内容を自分の中に落とし込むことが大切です。

また、医薬品はつねに進化しているため、最新情報を入手し続けなくてはなりません。

新しい薬の情報や臨床試験の内容は学会で入手できるため、MRは時間やお金をかけてでも、そうした場に積極的に参加することが求められてきます。