映画宣伝の仕事内容

映画宣伝の仕事とは?

映画宣伝は、これから公開される新作映画を、お客さまに「面白そう!」と思ってもらい、どうしたら劇場に足を運んでいただけるかを考え、さまざまなプロモーションプランを実施していく仕事です。

映画宣伝部の中にも、いくつかありますが、大きく分けると、パブリシティ、メディアバイイング、宣伝プロデューサー、クリエイティブ、タイアップなどと分かれます。

パブリシティ担当

中でも新聞、雑誌、テレビ局などのマスコミに直接映画を売り込むパブリシティ担当は、「映画のコンテンツのおもしろみを伝えて、マスコミ側が能動的に取り上げて頂けるように売り込む仕事」として重要な役割を果たします。

肝は、フリー(無料)でマスコミにどうにかして取り上げられるためにどうしたらよいかを担うチームです。

タイアップ担当

タイアップの仕事は、コンビニや食品メーカーなどいろいろな企業と一緒になって、「今話題の映画と企業がタイアップすることによって、企業の商品を注目させる、盛り上げる」ことを考え実行するチームです。

メディアバイイング担当

メディアバイイングは、簡単に言うと新聞、テレビ、雑誌などにお金を使った広告を出す、という部署で、1つの作品に対して決められた広告予算のなかでいかに効果的な広告を展開していくかを考えるセクションです。

クリエイティブ担当

クリエティブの部門はポスターやチラシなどあらゆる宣材物を作るところとなります。

映画宣伝プロデューサー

これらのいくつかのパートを総括的に見ながら、一つの作品の宣伝を動かしていく司令塔が宣伝プロデューサーです。

1つの作品に対して、どのパートにどれだけの予算を使うか、宣伝の方向を決める責任を宣伝プロデューサーが担います。

チームで宣伝方針を考える

映画会社によっても違いますが、大体、大手の会社になると、1人のプロデューサーと3~4人のパブリシティ担当者でチームを組み、作品を売り込むための戦略を活発的に意見交換をしながら宣伝方針を考えます。

宣伝は一人ひとりの積極的な意見と行動が大切ですが、プロジェクトを動かし成功させるためには、チームが同じ方向を向いて力を合わせることが必要不可欠なのです。