映画宣伝の方法

宣伝の仕事は主に、「タイアップ」「パブリシティ」「メディアバイイング」「クリエイティブ」「宣伝プロデューサー」に役割が分かれています。

タイアップ

タイアップチームと呼ばれるチームは、映画を作る前に、映画の中に、商品を映し出すPP(プロダクト・プレイスメント)を仕込みます。

PPというのは、映画の中ではっきり企業の商品を映りこませることで、その商品のメーカーのイメージアップに繋がることに期待を込めてもらい、企業側が一緒に映画を盛り上げてくれるよう企画を考えます。

また、映画のロケ地となった市町村も、映画を一緒に盛り上げることで観光に繋がるという期待があるため、一緒に具体的な面白い企画を考え実施していきます。

また、PP以外にも、映画が完成した後に、一般企業や、環境省、文科省などの国の機関といったさまざまな企業に売り込みをかけ、映画がもつメッセージに賛同し、映画とコラボすることでメリットがあると考えてもらえる企画を提案&実施していきます。

一社でも多くの企業と組み、幅広い企業と一緒に映画をアピールしていきます。

パブリシティ

パブリシティチームは、雑誌、テレビ、新聞、Webなど、あらゆるメディアに映画を売り込み、お金をかけずに映画を紹介してもらうように交渉するチームです。

たとえば、出演キャストや監督、スタッフなどに、テレビ番組や雑誌、新聞、Webなどの媒体へ出てもらい、映画を告知してもらうようにお願いします。

また、新聞や雑誌などでコラムを執筆する映画ライターや評論家に映画をみてもらい、映画の紹介をしていただけるように、マスコミ向けの試写会に積極的に呼び込んだりする地道な活動も行います。

そのほかに、マスコミの芸能ニュースとして取り上げられるようなイベントの企画、運営、口コミを狙った一般の人々へ向けた試写会の実施など施策は多岐にわたります。

タイアップチームとパブリシティチームは、基本はお金をかけずにどれだけ効果的な宣伝を行えるかを考え実行することがミッションです。

メディアバイイング

それとは逆に、メディアバイイングのチームは、宣伝予算の中でターゲットに合った新聞、雑誌、Webなどの媒体に、お金を賭けて広告をどの時期にどれだけ出すかを考えるチームです。

そのほかにも、映画館で置かれるチラシ、ポスター、スタンディ(大型パネル)を作るクリエイティブチームなど、細分化された映画宣伝の仕事に関わるチームをすべて指揮するのが、宣伝プロデューサーの仕事です。

映画の宣伝は、一人でも多くの人々に映画を知ってもらい、面白そうと思ってもらうことがミッション。

人が集まる場所にチラシをまきに行ったりすることも大事な宣伝業務の一つです。

いずれの仕事も、映画の面白みをしっかりと伝え、マスコミや企業などを巻き込み、大きく宣伝展開していくことがとても大切な仕事になります。