映画宣伝の仕事に就くための学校

映画を学べる学校はさまざま

映画業界を目指す専門学校はさまざまにあります。

映画の企画から製作までを学ぶ学校や、映画の宣伝、マーケティングを学ぶ専門学校など、映画業界を目指す人々のために、より専門的な技術や知識を習得できる学校もたくさんあります。

専門学校以外にも、たとえば、日本大学のように、芸術学部を設けている大学など、芸術全般における高い知識を学べる学校まで、映画業界へ繋がる道は多岐にわたります。

決まったルートはない

実際に映画業界に入ってみると、上記のような、より専門性の高い学校出身の方も映画業界にはもちろんたくさんいます。

しかし、大学の一般的な学部を卒業して入っている人や銀行や商社などまったく異なる業界から人脈によってひょんなことから映画業界に入ってきた人、はたまた高卒者までさまざまな人種に出会います。

要は、映画宣伝への道で、学んでおかなくてはいけない知識や、通っておくべき学校というのはありません。

さまざまな経験を積むこと

映画宣伝の仕事は、映画を一般の方に面白いと思ってもらうだけではなく、どうしたら「商品」として利益を上げられるかを考え、計画的に実行していかなければなりません。

そのため、映画が好きなだけでは成り立ちません。一般の方の消費ニーズをしっかり汲み取り、時勢を見極め、心に残る宣伝を行っていくことがミッションです。

そのためには、さまざまな立場で映画の仕事に関わる人々、つまり、監督、俳優、映画に出資する会社、広告代理店、マスコミ、芸能事務所のマネージャーなどとしっかりとコミュニケーションをとることが必要です。

また、物事をおし進めていける能力や体力、忍耐力、発想力なども求められます。

映画という枠にとらわれず、さまざまな経験を積んで、映画業界に入ってくることも可能です。

とはいえ、映画業界のあらゆる知識を身につけておいて損はありません。

また、映画宣伝に直結するというものでなくても、自分の興味関心のあることをとことん追求してみることは、自身の魅力を磨くためにはとてもよいことです。