モデルの種類

皆さんは「モデル」と聞いたときに、どのような姿を思い浮かべるでしょうか。

ひとくちにモデルといっても活躍の場はさまざまであり、それによって、いくつかの種類にわけることができます。

ここでは、モデルの種類について詳しく見ていきましょう。

第一線で活躍しているプロモデルたちは、ここで挙げた種類のうち一種に特化して活動をする人もいれば、ショーでもファッション誌でも活躍する人もいます。

「プロのモデル」と「読者モデル」の違い

モデルとして仕事をしている人を働き方の形態で大きく2つに分けると、「プロのモデル」と「読者モデル」に分けることができます。

「プロのモデル」というのは、事務所所属のモデルや雑誌やブランドの専属モデルのことで、モデルの仕事を本業として生計を立てている人のことです。

一方で「読者モデル」というのは、学生やOLなどをしながら空いた時間を使って撮影に参加するモデルのことを指します。

いわゆる素人のモデルということになるので、「長身細身で抜群にスタイルが良い」「目を引くほど個性的な顔立ち」というようなことよりは、親しみやすい雰囲気や一般の読者が真似したくなる着こなしができるかどうかを重視して選ばれる傾向にあります。

「読者モデル」はオーディションや撮影場所への交通費が自腹になることもあり、プロのモデルに比べれば報酬も低くなりますし、報酬がでないこともあります。

ファッションモデル

「モデル」といったときに一番にイメージする人が多いであろう姿が、「ファッションモデル」といわれるモデルです。

ファッションモデルの仕事のひとつが、海外や国内の有名ファッションブランドの最新の流行をPRする「ハイファッション」の仕事です。

ファッション雑誌やパリコレクションのような有名なファッションショーに「ショーモデル」として出演し、洋服や靴を魅力的に着こなすことでブランドイメージを伝える被写体となります。

抜群のスタイルを誇り、洗練されたウォーキングやポージングのテクニックを持つ、いわゆる「スーパーモデル」と呼ばれる人たちが多く活躍する世界です。

高身長や引き締まった身体など、美しいプロポーションやスタイルの良さなどが求められることが多く、20代までの若手が中心に活躍しています。

コマーシャルモデル

もうひとつ、代表的なモデルの種類が「コマーシャルモデル」です。

コマーシャルモデルは、テレビのCMや広告、カタログといった商業的な媒体に登場し、企業のブランドイメージを高めたり商品を宣伝するために仕事をします。

コマーシャルモデルの場合、コマーシャルの目的や内容によって、子どもや若い人から中年、高齢者まで、幅広い世代の人が活躍しています。

一般のお客さんの購買意欲をそそることが大切なので、一般の人が親しみや憧れを抱きやすいルックスやキャラクターのモデルが起用されるケースが多いのが特徴です。

コマーシャルモデルのなかでも、雑誌を中心に活躍するモデルは「雑誌モデル」、広告を中心に活躍するモデルは「広告モデル」と呼ばれることもあります。

パーツモデル

ファッションモデルが全身のスタイルや着こなし方で勝負をするのに対して、身体のパーツの一部分で勝負するパーツモデルの仕事もあります。

いわゆる「手タレ(手のタレント)」「足タレ(足のタレント)」「髪タレ(髪のタレント)」など、身体の一部分をウリにして仕事をする人たちです。

「手タレ」はハンドクリームのコマーシャルに、「足タレ」はストッキングや脱毛などのコマーシャルに、「髪タレ」はシャンプーのコマーシャルやヘアカタログに出ることが多く、その一部分が特別に美しいモデルがこの仕事を引き受けています。

絵画モデル

また、少し珍しいものとしては、美術家が絵画を描くときにポーズをとる絵画モデルという仕事もあります。

この場合は、何時間も動かずに同じポーズを続けなければいけないので、ファッションモデルとは違うスキルを磨くことが必要です。絵画モデルの場合は、専門の事務所に所属することになります。