モデルはどれくらい身長が必要?

身長が低いとモデルにはなれない?

一般的にモデルというと、高身長に、小顔で腕や脚もほっそりとした姿をイメージする人が多いようです。

ファッション誌やショーなどの現場でも、やはりそれなりに身長のあるモデルが活躍していることが多く、モデルと高身長は切っても切り離せない関係にあるように思われます。

しかし、モデルといっても、どのようなジャンルで活躍したいのかによって、最低限必要とされる身長は変わってきます。

ここからは、モデルに必要な身長について詳しく紹介します。

海外のショーモデル

もし、海外のショーモデルとして活躍したいのであれば、最低でも175cmほどは必要とされています。

海外ブランドの洋服はサイズが大きく、それを着こなせるだけの身長が求められます。

また、海外のショーモデルとして活躍するために身長と同時に重要なのが、骨格や肩幅がしっかりしていることだとされます。

痩せすぎてペラっとした身体だと、洋服の魅力を十分に引き出すことができないため、ある程度ガッシリとした体型であることが求められます。

国内のショーモデル

日本国内のファッションショーモデルになりたい場合は、170cm以上あればOKとされることが一般的のようです。

なかには165cm程度でもショーで活躍できることもあります。

身長はもちろん、小顔で手足が長い人がモデルとして活躍しやすくなっています。

雑誌や広告などのスチールモデル

モデルとして雑誌や広告などのスチールといわれる仕事をしたいのであれば、最低でも160cmはほしいところです。

スチールの現場の仕事はたくさんありますが、160cm~170cm程度の身長の人も多いため、競争は厳しくなる場合があります。

美しいプロポーションはもちろん、モデルとしての個性や美意識を磨くことも大切だといえるでしょう。

読者モデル

モデルのなかでも、唯一といっていいほど身長がさほど問われないのが読者モデルです。

読者モデルはショーなどで活躍するモデルと異なり、身長が高くない人でも活躍することができます。

また身長が低い場合には、ファッション誌で、低身長の人の着こなしを特集したページのモデルに登場することもできます。

身長が足りないけれどどうしてもモデルの仕事をしていみたいという場合は、読者モデルを目指してみるとよいでしょう。