モデルの給料・年収

個人によって給料には大きな差が出る

モデルの仕事は、あくまでも「出来高制」であり、人気の高さや引き受けた仕事の内容によって報酬が決まるのが一般的です。

事務所に所属しているだけで固定給の月給がもらえたり、生活が保障されているというようなことはまずないと思っていたほうがよいでしょう。

モデルの給料や年収に関しては、正確な統計データが出ているわけではありません。

ひとくちに「モデル」といっても、海外の有名ファッションショーでも活躍しているようなプロのモデルから、ファッション雑誌の読者モデル、インターネットの通販サイトに出ているモデルなど、立場や仕事内容に大きな幅があるため、ひとくくりにして平均の年収を計算するのは難しい実情があります。

副業をして生計を立てている人も

モデルの給料は、個人によって年収は数十万円から数千万円程度までとだいぶ幅がありますが、全体的に見ると、モデルの仕事のみで満足いく収入を得て生活できている人は決して多くありません。

生活が苦しいモデルの場合は、副業として飲食店や洋服店などでアルバイトをしながら生活費をねん出することもあります。

とくに若い新人モデルは、オーディションを受けながら活躍のチャンスを掴むために努力している人も多く、アルバイトの合間にモデル活動をすることになります。

一見、華やかなように見えるモデルたちですが、裏では厳しい生活をしている人も少なくありません。

高年収の裏側に潜むリスク

人気モデルになると、年収1000万円を超えることも珍しくないようです。

ただしこれは、モデルとしての撮影の仕事の分だけではなく、ブログのアクセス数によって稼ぐ広告料や、テレビ番組への出演料などさまざまな仕事を総合しての金額になります。

とくに、大手企業の化粧品やシャンプーなどのテレビコマーシャルの場合は契約料が高額になるため、こういった仕事を引き受けることで年収が一気に跳ね上がる傾向にあります。

その一方、モデルは「翌年の仕事の保障」がまったくない世界でもあります。

人気が落ちてくれば仕事は激減しますし、そうなると手取りの額も一気に減ってしまいます。

とくにファッションモデルの場合は、年齢を重ねるとどうしてもブランドイメージにそぐわなくなってしまうことが多いため、つねに収入や貯金のバランスを考えながら新しい仕事を確保していくことが大切です。