モデルになるには

憧れの「スカウト」の現実

モデルや俳優など、いわゆる「芸能人」として活躍している人にデビューのきっかけを尋ねると、「街を歩いていて事務所の人にスカウトされた」というエピソードが出てくることがあります。

スカウトは一般的に都心の人気スポットでよく行われており、たとえば東京では原宿の竹下通り、渋谷の「109」前、新宿駅付近、池袋などが多いようです。

こうした「スカウト」をきっかけにモデルデビューする人がいる一方、実際はなかなか思うようにチャンスが得られないというのが現実です。

スカウトマンが出没する時間や場所などは事前にわかりませんし、声をかけられるのはほんの一握りの人に過ぎません。

さらに、スカウトマンによっては「登録料」「レッスン料」「宣伝費」などとして、多額のお金をとるケースもあります。

残念ながら、詐欺まがいのスカウトも存在します。

街でスカウトされた場合、もし聞いたこともないような事務所だったり、すぐにお金の話をする事務所だったときなどは十分な注意が必要になります。

事務所への応募が第一歩に

モデルになりたい人にとって「スカウトを待つ」方法は運任せのような側面があるため、実際には多くの人が「モデル事務所に自ら応募する」道を選びます。

インターネットや雑誌などでモデルの事務所・エージェンシーを探し、履歴書や写真を送り、書類選考を受けます。

素質があると判断されれば、面接などの試験を受けることができ、合格すれば晴れてモデル事務所に登録することができます。

また、ファッション雑誌などで開催される「モデルグランプリ」や「専属モデルオーディション」を狙うのもひとつの手です。

入賞者は雑誌の編集部と契約を結び、その雑誌の専属モデルとして活躍することになります。

狭き門ではありますが、入賞後には確実に仕事を得ることができるのが大きなメリットです。

外見と内面どちらも重要

モデルは、とにかく容姿が美しい人でなくてはなれないと思われがちです。

たしかに、身長や体型などのスタイル、髪の毛や歯、口元、顔立ち、肌の美しさなど、他の職業よりもずっと容姿が重視されるのは事実ですが、さらに内面も磨いていく必要があります。

モデルは自分一人だけで仕事をするわけではありません。

事務所のスタッフ、撮影現場のカメラマン、クライアントなど、多くの人と関わりながら仕事をしますし、周りの人の協力や応援がなければ新しい仕事はもらえません。

だからこそ、モデルになるための試験でも外見だけで合否が決まるのではなく、「約束した時間をきちんと守れるか」「態度や言葉遣いは丁寧か」「謙虚な姿勢で他人と接しようとしているか」といったことも重視されると考えておいたほうがよいでしょう。

日頃から人間性を高める努力をすることが大切です。