モデルに必要なこと、求められるもの

抜群のプロポーション

モデルになるために必要な素質とは、どのようなものでしょうか。

まず、ハイファッションモデルといわれる一流ブランドのファッションショーで活躍するようなモデルの場合、絶対的に求められるのがスタイルの良さです。

とくに世界を舞台に活躍しようと思うのであれば、欧米人にも匹敵するほどの高い身長や長い脚、細いウエストなどが不可欠でしょう。

これに関しては遺伝的な要素も大きいので、残念ながら努力したからといって誰もが理想の体型になれるわけではありません。

ある程度の生まれ持った素質と、その素質を輝かせるための本人の努力が求められる世界といえるでしょう。

自分らしさで勝負する道も

では、スタイルが良くなければモデルになれないのかというと、決してそういうわけではありません。

近年のファッション誌には一般人の読者モデルも多く参加しており、平均的な身長の人や身長が低い人、少しぽっちゃりした体型の人などさまざまなスタイルの人が登場しています。

自分らしさを大切にしながら自分のスタイルに似合うファッションを身につけて輝いている読者モデルは、読者にとって親しみを感じられる存在であり、「わたしもこんなふうになりたい!」と思わせてくれる希望の星なのです。

モデルになる人に何よりも大切なのは、自分らしさをしっかりと受け止めて、他の人には真似できないような輝きを放つことができる「個性」といえるでしょう。

求められる意志の強さ

モデルになりたい、と憧れている人は全国に数え切れないほどいます。

モデルのオーディションには応募が殺到するため、一次審査である書類審査で落選してしまうことも決して珍しくありません。

もしもオーディションに合格してチャンスを掴むことができたとしても、ライバルとの戦いが常に続いていきます。

このような競争の激しい世界で生き残っていくためには、なんとしてでも夢を実現させてやりたいと思う意志の強さが大切です。

そしてうまくいかないときでも気持ちを切り替えて、どんどん次のオーディションに挑戦して姿勢も必要でしょう。

憧れだけで終わらせないためには、執念とも呼べるほどの強い思いを柱にして、継続的に努力することが求められます。