宮大工の求人・採用募集状況

求人は多いとは言えない

木組み工法は在来工法に比べてコストがかかるため、一般建築物はほとんどが在来工法によって作られています。

また神社仏閣や城郭の工事は一般建築物の工事に比べると少数です。そのため、宮大工の求人は在来工法専門の大工に比べてどうしても少なくなってきます。

しかし、神社仏閣や城郭は定期的に改修工事が必要とされますので、宮大工の需要がまったくなくなるということはありません。

また最近では木組みで住居を建てたいと考える人も増えてきているため、一般建築の分野からの需要も増えてきています。

宮大工の専門とする「木組み」は日本に古くから伝わる伝統的な建築工法です。宮大工はこの伝統を継承する存在としても大切な存在であるため、後継ぎを絶やすわけにはいきません。

そのため、宮大工の志願者、とりわけ若年の志願者が増加することは大変喜ばしいことであるといえます。それに伴い、少ない求人の中にも、見習いの宮大工の募集は比較的よく見られます。

宮大工に応募するには

宮大工は大工の中でもとくに専門性が高く、文化的価値のある職業であるといえます。そのため、魅力を感じて志願する人が多く、人気が下がることはありません。

しかし、その反面、前述のような理由から求人数は限られていますので、一般的な求人誌や新聞の求人欄、ハローワークなどに求人が出ることはごく稀です。一般的な方法での就職活動は難しいかもしれません。

宮大工の勤務する工務店の中には、求人を出していなくても、志願者を受け入れてくれるところもあります。

インターネットなどを利用し、神社仏閣や城郭を手掛ける工務店を調べ、直接問い合わせるのも有効な手段の一つです。

また、日本伝統建築技術保存会のホームページを見て、会員企業に求人状況を問い合わせるという方法もあります。

「この棟梁のもとで修業をしたい」といった棟梁がみつかれば、定期的に募集状況を問い合わせて確認するなど、積極的に働きかけ、宮大工になりたいという熱意をアピールすることが大切です。

他にも、一般的な在来工法を行う工務店で、数年修行して大工仕事を身につけてから、宮大工としての修行を始める方法もあります。

すぐに神社仏閣の建築に携わりたいと考えている人には回り道に思われるかもしれませんが、自身の活動の幅を広げることは長い目で見てプラスになることでしょう。