宮大工に必要なこと、求められるもの

粘り強い根気が必要不可欠

宮大工の世界には昔から「弟子入り5年お礼奉公2年」という言葉があります。これは宮大工が一人前として認められるには最低でも7年間はかかるということを意味します。

もっとも、7年間で一人立ちすることはほとんどなく、多くの宮大工が10年以上の歳月を見習いとして過ごすことになると考えておきましょう。

宮大工の象徴ともいえる木組みの技術を習得することは容易なことではありません。

道具の扱いに始まり、木材加工、墨付け作業と段階的に経験を積み重ね、建物を完成できるだけの一通りの技術を身に付けた後、ようやく実践的な接木に関わることができるのです。

一般的な大工が5年以内で見習いを終えるのに対し、宮大工は長い期間を半人前として過ごすことになります。これに耐えられるだけの根気は宮大工を志す上で最低限持ち合わせる必要があるのです。

日本文化に関する深い知識

宮大工が扱う建築物は歴史ある神社や仏閣などの文化財が中心になります。

これらは全て日本の伝統工法である木組みで作られているため、その仕組みを正しく理解しなければ修繕や改築に携わることができません。

また梁や柱に木鼻と呼ばれる彫り物を施すことも多く、その建築物に関する歴史的な知識がないと作業ができないこともあります。

したがって宮大工は日本の歴史に興味関心を持ち、探究する姿勢が必要であるといえます。

大工としての基本的技術

一般的な家屋大工と宮大工は工法を異にするとはいえ、求められる適性は通ずるところがあります。

まず、共に肉体労働であるため筋力や持久力は必要不可欠です。これは大工として日々の作業に従事する上で自然と身についていくものです。

しかし、見習いのうちは十分に身体が出来上がるまでつらい思いをすることもあるでしょう。せっかく就職できても体力的に苦痛を感じて道半ばで断念してしまっては元も子もありません。

そのようなことにならないように、志願者においては基礎体力が備わっていることが望ましいといえます。

また、手先の器用さは大工にとって大きな武器になります。たとえ不器用であっても向上心を持って努力し続ける姿勢が必要です。

宮大工の中には家屋大工としての経験を持った人が少なくありません。大工としての基本的な技術を習得した後に宮大工の道に入るのも一つの方法です。

伝統を重んじる心

かつて日本の家屋は多くは木組みで建てられていました。

木組みで建てられた建築物は耐久年数が長いという大きなメリットがありますが、工程の多くが手作業であるため、工期が長く、コストもかかってしまうことなどから、現在では敬遠されがちです。

代わって、機械によって加工された木材を釘や補強金物で組み立てていく在来工法が一般的になっています。

しかし、歴史的価値のある神社や仏閣はほとんど木組みで作られています。これらは長い歴史を経て今日まで残り、またこの先何百年もその姿を維持することでしょう。

そのために欠かせないのが木組みのプロである宮大工の存在なのです。

前述のように、木組みは大変手間のかかる工法です。宮大工はこの昔ながらの技法を重んじ、長い見習い期間をかけて習得を目指します。

そのための苦労や手間を惜しまないという姿勢がなければ、宮大工という誇り高い職業に従事することは難しいでしょう。

数学が得意な方が良い

木組みにおいては作業に入る前に原寸図を作成し、それをもとに木材を切りだしていきます。実際の大きさで見ていかないと接木の際にずれが生じ、納まらなくなってしまうためです。

その際に必要なのが数学的思考力です。

宮大工は原寸図を作成するために図学を勉強します。その図学は数学的能力がないと理解が難しいといわれているのです。

また、力のかかる向きを考えながら、各箇所に適した木材を組み立てていくのが木組み工法の大きな特徴です。この際、物理の知識も必要になります。

宮大工を志願する人は意識的に数学、物理の学習をしておくと、のちのち役に立ちます。高等学校レベルの知識を持っておくと、作業におけるさまざまな場面で助けになるでしょう。