宮大工になるための学校

宮大工の学校は少ない

建築に関する学校は多くありますが、宮大工になるための専門の学校は限られています。

宮大工になった後に、将来的にどうなりたいのか考え、一般的な建築の学校に行くか、宮大工や大工に特化した学校に行くか、そのまま弟子入りをするかを検討しましょう。

学校に行く必要性は?

宮大工は、もともとは専門の学校を出なくても、棟梁のもとに弟子入りをし、修行を積んで一人前の職人になるものでした。今でも、専門の学校を出ずに職に就くのが一般的です。

しかし、学校を出ることで、宮大工についての専門的な知識を身に就けることができ、プロとしての素地を作ることができます。

また、建築関係の大学や専門学校を出ることは、大工以外に設計や施工管理を行う際の資格取得には有利ですし、将来的に仕事の幅を広げることにも役立てることができます。

宮大工専門の学校

多くの専門学校や大学は、建築について広く学び、大工になるためというよりも、設計や施工管理を行うために学ぶところがほとんどです。

多くの場合、宮大工が携わる木組み工法にはあまり触れず、RC造や鉄骨造、木造では在来工法が中心となります。

しかし、少数ですが、宮大工になるための専門の教育機関もあります。

たとえば、「日本建築専門学校」は、設計や施工管理のみならず、大工になるための知識を身につけることができます。

日本建築専門学校

「佐渡 伝統文化と環境福祉の専門学校」では、宮大工に特化した内容で学ぶことができます。

伝統文化と環境福祉の専門学校

大学では、「ものつくり大学の技能工芸学部建設学科」があります。木造建築コースでは、日本で古くから行われている木造建築技術について、実践的に学ぶことができます。

ものつくり大学の技能工芸学部建設学科