マーチャンダイザーのやりがい、魅力

売上づくりに大きく寄与できる仕事

マーチャンダイザーは、アパレル業界などにおいて、「生産」「流通」「販売」のすべての領域にまたがる仕事をしています。

マーチャンダイザーの仕事の最終的なゴールは「売上の最大化」を図ること。

そのために、商品計画から生産販売のバランス、原価設計など多様な業務をこなし、戦略を立てていきます。

マーチャンダイザーの判断ひとつで売上が大きく変動することもあるため、責任はとても重大です。

プレッシャーがかかる仕事ですが、もし大ヒット商品を生み出せたときには最高の喜びを味わえますし、優秀なマーチャンダイザーになると複数の有名ブランドを同時に手掛けることもできます。

仕事の結果は、売上という数字で跳ね返ってくる部分が大きいため、達成感が得やすい仕事といえるでしょう。

流行に敏感でいられる

この仕事を続けている限りは、オンオフ問わず、常に流行やトレンドアイテムに敏感である必要があります。

業務ではバイヤーと一緒に展示会を回ることも多いため、シーズンのトレンドを自分自身の目で確かめて感じることができます。

ファッションが大好きという人にとっては、最高に刺激的な日々が送れるでしょう。

一般的に、仕事というと「つらくて大変なもの」という風に考えるかもしれませんが、この職種に就いている人は良い意味で趣味と仕事が共通しており「仕事も大好き!」という人は多いようです。

アイデアを形にしていける

マーチャンダイザーのもうひとつのやりがいは、自分が得た知識や感性、センスを、実際に形に表現していくことができる点です。

どの企業も試行錯誤しながら、厳しい競争を勝ち抜くために新しいアイデアを出し続けています。

自分の力で独自性ある商品を企画し、販売強化のアイデアを考え、多くのスタッフと協力しながらそれを形にしていくことは、ものすごくやりがいがありますし、実際に商品が店頭に並んでいるのを見た際には感動すら覚えます。

柔軟な思考をもって、発想力と創造力を存分に発揮しながら働けることも、この仕事の魅力のひとつだといえます。