マーチャンダイザーへの転職、未経験採用

経験者中心の採用

マーチャンダイザーは企業やブランドの売上を左右する重要なポジションであるため、優秀な人材を積極的に採用したいと考えている企業はたくさんあります。

しかしながら、マーチャンダイザーは、アパレルや流通・小売業界の各職種のなかでも、幅広い知識が必要とされる職種であり、転職市場においては経験者中心の採用となっています。

求人自体はそこまで少ないわけではありませんが、未経験者がいきなりマーチャンダイザーとして働くのはハードルが高いといえます。

別職種から転職する人も

なかには、営業やバイヤーから、転職を機にマーチャンダイザーになる人もいます。

同じ業界での勤務経験があれば業界独自の慣習や仕事の流れなどが把握できており、さらに、営業やバイヤーはマーチャンダイザーの仕事と関わる部分もたくさんあるため、前職での実績などアピールして転職を成功させることもできるようです。

いずれにしても、マーチャンダイザーへ転職する際には、「どのようなスキルを持っており、企業にどのような貢献ができるのか?」についてきちんと語れることが重要なポイントとなります。

熱意も大切ですが、「やる気だけはあります!」といった姿勢では、なかなか採用されにくいのがこの職種です。

アシスタントからスタートすることも可能

マーチャンダイザーをはじめ、業界自体の経験がないという人でも、マーチャンダイザーを目指していく道はあります。

そのひとつの方法は、マーチャンダイザーのアシスタントからスタートすることです。

企業によりますが、アシスタントを募集している場合は「未経験者可」とし、簡単なPCスキル程度があれば応募できることが多くなっているようです。

アシスタントの場合、最初は先輩マーチャンダイザーの下でデータ収集、経費計算、資料作成、店舗巡回などの業務に携わりますが、経験を積むなかで熱意や適性が認められれば、マーチャンダイザーへとキャリアアップする道が開けてきます。

この仕事は現場で学べることがとても多く、経験が大きなアピール材料となるため、本気で未経験からマーチャンダイザーになりたい場合には、アシスタントから始める道も考えてみるとよいでしょう。