マーチャンダイザーの現状と将来性

重要度が高く、安定したニーズがある仕事

マーチャンダイザーは、アパレルをはじめ流通・小売業界において重要な役割を担っており、各企業で大きな存在感を示しています。

業界そのものは景気に変動されやすいところがあるものの、移ろいやすい消費者のニーズを素早く捉え、良質な商品を開発するマーチャンダイザーは、企業の売上アップのためには欠かせない職種です。

また、この仕事を成功させるためには、業界についての幅広い知識とスキルが求められます。

経験で得られるものも多いため、誰もが簡単に就ける職種ではありません。

こうしたことから、時代がめまぐるしく変化しようともこの職種の重要度が下がることは考えにくく、将来性もあるといえるでしょう。

実際に、最近では優秀なマーチャンダイザーを外からヘッドハンティングしたり、社内での育成に力を入れたりする企業は以前にも増して増えているともいわれます。

地道に実力をつけることで成功が見えてくる

マーチャンダイザーの大半は、メーカーや百貨店などの企業に所属して活躍しています。

責任の重さ、業務範囲の広さから、販売員やバイヤーなどの他職種と比較しても給料はやや高めに設定されておることが多く、管理職になるとさらにたくさんの収入を得ることができます。

業界のなかでも経験を積まなければ就けない職種となっているため、なるためのハードルは高めとなっていますが、努力してこのポストを勝ち取ることができれば大きな成功も見えてきます。

同時に、会社の売上を左右する重要な職種であるため、経営陣からの期待も自然と大きくなります。

成果を出していけば一流ブランドを扱ったり、外資系へ転職して高額の年収を稼いだりと、さらなる充実感を得られるでしょう。

ただし、ここまで活躍できるのは、努力をつづけた一部の人だけです。

まずは業界全般の知識を身につけながら、地道にスキルアップをする気持ちが求められます。